アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 放送30周年の『探偵!ナイト』 “街の変わり者”をジャストなTVサイズにした功績

放送30周年の『探偵!ナイト』 “街の変わり者”をジャストなTVサイズにした功績

  • 『探偵!ナイトスクープ』局長の西田敏行 (C)ORICON NewS inc.

    『探偵!ナイトスクープ』局長の西田敏行 (C)ORICON NewS inc.

 放送開始30周年を迎えた、ABCの大人気バラエティー番組『探偵!ナイトスクープ』。視聴者が応募した悩みや疑問などの依頼を局長率いる個性豊かな探偵たちが調査。そこには笑いや涙、時にばかばかしい依頼で爆笑も生まれるなか、良質な人間ドラマをも巻き起こる内容ゆえに探偵や秘書が変わっても関西を中心に愛され続ける超名物番組だ。同番組が、なぜこれほどまでに視聴者と密接な関係でいられたのだろうか?

素人いじりの先駆け! 奇想天外な依頼を大真面目に解決

 昨今、いわゆる素人いじりのように一般人をテレビに出して、その予定調和ではない新鮮なリアクションで人気を集めている番組も少なくないが、『探偵!ナイトスクープ』はその先駆け的番組であり、ローカルならではの市民との密着感がまず特長として挙げられる。大阪の通天閣近くでロケを行えば、探偵は必ず声を掛けられるほどの存在で、深夜に視聴率をリサーチするため、お宅訪問する『深夜の視聴率調査』など、つねに“視聴者目線”が番組には存在する。

 また、寄せられる依頼内容も個性豊かな内容が多く、その依頼者もちょっと“エッジの効いた人”が多い点も同番組を面白くしている要因だ。過去には「23年間会話のない夫婦」、「ブーメランパンツでブーメラン」、「靴を食べたい」、「マネキンと結婚したい」などなど奇想天外な依頼が話題を集めたが、その多くは個人でトライするとただの変人扱いで終わるところを、『探偵!ナイトスクープ』への依頼というフィルターを通すことで、バラエティーとして成立するのだ。自己実現を同番組のパワーで叶えるという他力本願ではあるものの、ある種の夢がある点も特色だ。また、「虫を食べてみたい!」などお笑い芸人が嫌がるセオリーが、率先していただいてしまうトリッキーな展開になるのも『探偵!ナイトスクープ』ならではだ。

20年前の“約束”が現実に…探偵と依頼者の“濃密な距離感”

 そもそも『探偵!ナイトスクープ』は本当の探偵業と同じように、依頼者と探偵で番組が成り立っている。依頼者がいなければ番組が成り立たないという構成も、『探偵!ナイトスクープ』が圧倒的市民権を得た理由のひとつで、探偵に扮する数々の芸人たちの独特の雰囲気、依頼者との距離感も魅力なのだ。最年長キャリアの探偵の石田靖をはじめ、間寛平、たむらけんじ、竹山隆範(カンニング)、田村裕(麒麟)、澤部佑(ハライチ)、真栄田賢(スリムクラブ)などが探偵としてさまざまな依頼に答えているが、探偵と依頼者の関係性は、芸能人と依頼者というよりも、相談を乗ってくれるおじさんと依頼者といったような近さも魅力だ。

 記憶に新しい「20年前の約束を果たして!」という“20年前に一緒に植樹した木をもう一度見に行こうと探偵と約束したのに連絡がない”という依頼などは、もはや探偵と依頼者が友達のような距離感がベースにあり、視聴者も親近感を抱けるのだ。また、歴代探偵たちをプレイバックしてみても北野誠、長原成樹、桂小枝など昭和世代のガチ感も当時の魅力で、まさしく近所の頼れるおじさん感覚が人気の秘訣だった。

古参ファンも歓喜する、連続性に基づく愛あふれた依頼の数々

 1時間に依頼3本というバリエーションも、『探偵!ナイトスクープ』の大きな魅力だ。1本は感動系、1本は面白系、そしてばかばかしい系など、アプローチの異なる3本があることで、誰もが感情移入が可能であり、無駄な引っ張りもせず、まるでオムニバス映画を観ているよう。潔い作りは次回への期待感も煽り、それが30年続いている理由でもあるはずだ。また、この依頼そのものにも“歴史の重み”があるというところが、見逃せないポイントでもある。

 たとえば、前述の「20年前の約束を果たして!」をはじめ、「15年未解決の超難問」や「誕生日を祝ってほしい男 再び…」などは、古参の同番組ファンが、何年か前の依頼をずっと気がかりでいて、それを元に依頼をするという30年の歴史があるからこその展開で、連続性に基づく愛にあふれた依頼は、『探偵!ナイトスクープ』ならではだ。依頼者や視聴者の記憶の本棚に過去の調査ファイルがいつもあり、それが何かのきっかけで呼び出されていく歴史と軌跡――これこそが『探偵!ナイトスクープ』の何ものにも代えがたい大きな魅力なのである。

 関西を中心に圧倒的な市民権を得ている『探偵!ナイトスクープ』だが、西田敏行いわく「最近東京でも局長と呼ばれる」とのこと。関西を飛び出し、日本全国に浸透して欲しいファンがいる一方で、関西圏の古参ファンからすれば、「俺(私)だけの『探偵! ナイトスクープ』のままで!」と願う視聴者も多いはず。稀にみる熱狂的ファンを抱える長寿番組であることは間違いない。

(文/鴇田崇)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!