• ホーム
  • 映画
  • 丸山隆平が実力派俳優たちを自宅に招待、映画主演に関ジャニ∞から手荒い激励も

丸山隆平が実力派俳優たちを自宅に招待、映画主演に関ジャニ∞から手荒い激励も

 人気グループ・関ジャニ∞として活動をする一方、バラエティや情報番組のMC、俳優としてはドラマ、映画、舞台と幅広い表現活動を行っている丸山隆平。そんな丸山の最新映画『泥棒役者』が公開を迎える。彼にとって本作は単独での初主演映画となるが、「最低限セリフを覚えていくということは変わらない」と自然体を強調する。その真意はどこにあるのか――丸山に話を聞いた。

メンバーからは「主演やるんやろ? 宣伝ちゃんとせえよ!」って

――実力派俳優のみなさんが集結していますが、そのなかでの単独初主演。どんな気持ちで現場に臨まれたのでしょうか?
丸山隆平 撮影に入る前に、西田(征史)監督の提案で、僕の家で、西田監督、市村正親さん、宮川大輔さんで読み合わせをすることになったんです。そこで元になる空気感が出来上がっていたので、あまり(主演を)意識することなくクランクインできました。

――丸山さんはあまりプライベートで人を家に呼ぶのが得意ではないということをお聞きしていたのですが、やはり主演としての責任感みたいなものがあったのでしょうか?
丸山隆平 どちらかというと西田監督主導で進んだ話なんです。西田監督はもともと、プライベートでも家に来たことはあったので、最初は二人で読み合わせをするつもりだったのですが、監督から「衣装合わせの際に、(市村と宮川の)二人を誘ってみたら来てくれるって言っているんだけど大丈夫?」って言われて…。おっしゃる通り、僕はあまり人を家に呼ぶのが得意ではないのですが(笑)、市村さんや宮川さんが家に来るっていうことも、考えようによっては面白いシチュエーションだし、楽しんでみようと振り切った結果なんです。だから「主演なので気概をみせて…」みたいな格好いい感じではないんですよ(笑)。

――撮影中も、あまり主演ということは意識せず?
丸山隆平 そうですね。最低限セリフを覚えて現場に行くということは、主演でもそうではなくても変わらないことなので。あとは現場によってスタイルが違うので、監督の作る世界にどうやって溶け込んでいくかということだけを考えています。ただ、グループのメンバーからは「主演やるんやろ? 番宣ちゃんとせえよ!」ってコンサートツアーのときに言われました(笑)。というのも、どこまでネタバレしていいかうまい説明が難しい作品なんですよ。

CHECK>>関ジャニ丸山、共演者に自宅の様子暴露される「女っ気がない」

自信を持つことに時間がかかるタイプなんです

――今回演じた大貫はじめという役は、元泥棒でありながら、現在は更生して真面目に働いている青年でした。恫喝され追い詰められながらも、愛嬌があり愛すべきキャラでしたが、ご自身は演じてみて似ている部分は感じましたか?
丸山隆平 どこか頼りなかったり、自分に自信がなかったりという部分はリンクするところがあると思うのでヒントにしました。僕は悪には手を染めていませんが、わりと自分を過小評価というか、自信を持つことに時間がかかるタイプなんです。いまでこそ、いろいろな方に応援していただいているので自信を持って主演として立たなければと思っていますが、なかなか身につくのには時間がかかるんです。

――心の優しい部分も丸山さんとはじめは共通しているのかなと感じました。
丸山隆平 優しさや人に対しての向き合い方という部分は、西田監督の人間性を参考にしました。自分では自分のことを果たして優しい人間なのか? というのは実感としてわからないので…。ただ、西田監督の作品は、優しさに溢れているので、そこは狙わずとも自然と優しい雰囲気になるのかなという安心感はありました。

CHECK>>西田征史監督、丸山の単独主演作を語る「嘘じゃない芝居をやっていた」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!