• ホーム
  • グルメ
  • 「リプトン」が冬にぴったりな紅茶を提案! 都内で5種類のアレンジティーを販売

「リプトン」が冬にぴったりな紅茶を提案! 都内で5種類のアレンジティーを販売

 紅茶ブランド「リプトン」が冬の心と体にうれしい紅茶の新しい楽しみ方を提案。オリジナルのカップに、紅茶とドライフルーツ、スパイスを入れた5種類のホットアレンジティー「Good in Tea」を有楽町ロフト入口前スペースと渋谷モディ1Fポップアップストアでの販売を開始。ORICON NEWSでは3月11日から有楽町ロフト前に登場したGood in Tea Carの現地取材に赴き、アレンジティーの魅力を探った。

温かい紅茶を飲むという“習慣”を身に付けよう

 まだまだ肌寒い日も多いこの時期に、おススメなのが温かい紅茶を飲むという“習慣”。管理栄養士・浅野まみこ氏によると「温かい水分の摂取は、乾燥から体を守りながら、内側から温め、体温上昇を助ける働きがあります」とのこと。
 「Good in Tea」に入っているドライフルーツに含まれる果糖は、血糖値の上昇はゆるやかでありながら、スムーズなエネルギー補給になるため、朝や疲労感のあるときには特に最適。温かい紅茶は、乾燥から体を守り、体温上昇をサポート。ドライフルーツを組み合わせたホットアレンジティーには寒い日にうれしい効果が期待できる。

飲んだ瞬間から体がポカポカに! 香りにもリラックス効果が

 今回提供されているのは、「Warming(あたたまる)」、「Relaxing(おちつく)」、「Melting(とろける)」、「REFRESHING(すっきりする)」、「CHARGING(おぎなう)」の5種類のホットアレンジティー。
 「Warming」はドライアップル、ドライジンジャー、「Relaxing」はドライオレンジ、ドライベリーミックスなど、「Melting」はシナモンスティック、メイプルシロップ、「REFRESHING」はゆずジャム、ドライリーフ、「CHARGING」はドライマンゴー、ドライレモンなどがそれぞれ入っている。

 この5種類のほか、さらに週替わりで「Weekly Special Menu」として各ドライフルーツをボリュームアップしたものもメニューにプラス。
 それぞれ、メニューごとにドライフルーツが描かれた、おしゃれなオリジナルデザインカップで提供され、見た目にも楽しいホットアレンジティーを満喫できる。
 早速、記者は「Warming(あたたまる)」を試飲。ドライアップル、ドライジンジャー、ビートシュガー、ジンジャーエクストラクト(しょうがエキス)が含まれており、飲んだ瞬間から体がポカポカと温まってくることを実感した。鼻腔をくすぐる香りもあり、「ホッ」とリラックスできる1杯でもあった。食物繊維を含むドライフルーツには、腸内環境を整える働きも期待できるということで、朝はもちろんどんな時間に飲んでも気分をリフレッシュできる味わいを楽しめるだろう。
 さらに、記念写真やSNS投稿のアイテムとして、「Good in Teaプロップス」を用意。その日の気分や自分が選んだメニューのフルーツなど、おいしい1杯をかわいく演出してくれるアイテムも貸し出している。
店舗名 :Good in Tea Stand
営業期間/時間:2017年2月1日(水)〜3月31日(金)、 11:00〜21:00(L.O.20:50)
場所 :渋谷モディ 1Fポップアップストア(東京都渋谷区神南1-21-3)
販売商品 :アレンジティー「Good in Tea」 
価格 :カップ500円(税込)
店舗名: Good in Tea Car
営業期間/時間:3月11日(土)~3月31日(金)  10:30-21:00(LO〜20:50)
場所:有楽町ロフト 入口前スペース (東京都千代田区丸の内3-8-3)
販売商品:アレンジティー「Good in Tea」 
価格:カップ500円(税込)

『Good in Tea』サイトはこちら(外部サイト)

Sponsored by Lipton
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!