• ホーム
  • 趣味
  • より快適に個性的に?住宅リフォーム市場が急拡大するワケ 現代の需要の傾向とは?

より快適に個性的に?住宅リフォーム市場が急拡大するワケ 現代の需要の傾向とは?

より快適に個性的に?住宅リフォーム市場が急拡大するワケ 現代の需要の傾向とは?

 日銀の金融緩和のおかげで、住宅ローンも低金利の時代を迎えているいま、家を購入したいと思っている人は多いことだろう。新築一戸建て、出来立てのタワーマンション……。

 しかし、一方でいまじつは大きな注目を集めているのが、「住宅リフォーム」市場だ。矢野経済研究所の予測では、2020年には2010年比で35%増の8兆円規模にまで伸長するという。「オリコン日本顧客満足度ランキング2014」のリフォーム部門受賞の「大阪ガス」リビング営業部担当者も、「リノベーション/リフォームに対する需要は年々高まっていることを実感しています。システムキッチン・システムバスなどの リフォームでは、省エネやバリアフリー等の興味が高まっているように感じます」とのこと。

 また、株式会社リクルート住まいカンパニーが展開する不動産・住宅情報サイト「SUUMO」編集長の池本洋一氏は、年々リノベーションのニーズが高まってきているといい「ベースとなる中古物件を安く買って リノベーションするということが賢い選択肢として広まるかもしれません。リノベーションというワードがオシャレなワードとして認知されつつあると感じています」と、さらなる市場拡大に期待を寄せている。

 背景には、日本の住宅ストック数が全世帯数を上回る状況のなか、既存の建物を有効に活用したいと考える人が増えていることや、食事をするにしてもお酒を飲むにしても、「外より内」という流れが出てきている状況下で、自分の家をより自分に合った快適なものにしたいと思う人が多くなっているなど、様々な 要因が考えられている。またその需要が、リノベーション/リフォーム関連会社の提供するもの、サービスの充実を生み、さらにそれがまた需要を呼んでいるという部分もあるようだ。

リフォーム経験者とこれからの希望者の声を紹介

 そこでオリコンでは、住宅のリノベーション/リフォームを希望する人の意識や傾向を明らかにすべく、リノベーション/リフォーム経験者200名と、したいと考えている希望者300名を対象に「住宅リノベーション/リフォームに関する意識実態調査」を行った。

Q.リノベーション/リフォームをしたいと思った理由は?

 まず、リノベーション/リフォームをしたいと思った理由(複数回答可)だが、経験者のなかでもっとも 多かったのが、「設備や機器を一新したかったから」が47.5%で、2番目には「古くなった見た目を一新するため」が37.0%となり、やはり、古くなったもの、見た目を新しくすることで、より快適に暮らしたいと思った人が多いことがうかがえる。

 一方、リノベーション/リフォームを希望する人では、「設備や機器を一新したかったから」が39.7%で 1位となり、経験者と同じだったが、2番目には「生活動線上、より使い勝手を良くするため」が35.3%で 2位(経験者では16.0%で3位)となり、「古くなった見た目を一新するため」は29.7%で3位。希望者は、経験者以上に機能を重視しているようで、未経験者が4番目に多く上げたのも、「スペースを広げるため」が19.0%と、どちらかといえば使い勝手が良くなることをより考えていることがうかがえる。

リノベーション・リフォームしたい場所は「キッチン」「トイレ」が1、2位に

Q.実際にリノベーション/リフォームした・したい場所は?

 では、実際にリノベーション/リフォームした・したい場所はどこなのだろうか(複数回答可)。結果は 経験者も希望者も、「キッチン」がトップで、経験者は50.5%、希望者は42.0%に上り、経験者の2位「トイレ」45.0%、希望者2位の「浴室」35.7%を、いずれも大きく上回った。キッチンは見た目以上に機能性が必要とされる場所。ここでも、リフォーム/リノベーションに「使い勝手の向上」がますます求められてきている実態が浮き彫りとなっており、実際、キッチンをリノベーション/リフォームする際に重視するポイントも尋ねたところ、「使い勝手(時短/効率性)」が、経験者、希望者のいずれにおいても80%以上という圧倒的な数字となった。

 今回の調査から、より機能面を重視してリノベーション/リフォームしたいと思っている人が多く、それは、リノベーション/リフォームしたい場所1位に「キッチン」が輝いたことでもよくわかる結果となった。オリコンでは、さらなる実態を探るべく、昨今の住宅リフォーム事情について、国内で初めてシステムキッチンを発売したクリナップ株式会社の「おいしい暮らし研究所」赤城由佳氏に取材を敢行。とくにキッチンの需要についてお話をうかがったのだが、やはり赤城氏も、「家事の簡便化、時短、外部化」と、現在のトレンドを強く感じているとのこと。

 「キッチンに対する需要は増加傾向にあると感じています。その理由として、夫婦ともに仕事をしている、自分のスタイルで家事を行っている、または食事の味を追求するだけでなく、食にまつわる様々なモノ・コトにも目を向けるなど、キッチンや料理の価値観が変化してきています。それに伴い、今までのキッチンでは対応しにくくなる状況が見られ、利便性やデザインセンスなどご自身の生活価値観が表現できるキッチンを手に入れる傾向にあります。」(赤城氏)。

 同社の調査では、「家事よりも子供ごとには時間を割く」傾向があることが分かり、実際に30代ではキッチンリノベーション/リフォームで「料理が楽しくなった」「過ごす時間が増えた」「家族があつまる時間が増えた」「ホームパーティーの機会が増えた」などキッチンを中心に暮らし方が変化したというデータもあるそうだ。

人気ランキング上位の話題の商品、会社とは?

 さて最後に、現在人気・話題となっているリノベーション/リフォーム関連会社、商品を紹介しておこう。
 まずは先述のクリナップ株式会社から、数々の賞を獲得した画期的システムキッチン『クリンレディ』。同社が現在販売する同商品は、戸建て住宅専門の実務情報誌「日経ホームビルダー」で工務店・住宅メーカー社員が選ぶ、「採用したいシステムキッチン部門メーカー」で1位を獲得。機能性や品質面で専門業者から高い評価を獲得している。お料理中などに使う水が野菜くずや油汚れを集めて排水口へと集めてくれる新水路構造を採用した「流レールシンク」が好評だ。
 次は住宅情報サイト『SUUMO』。7月よりリフォームに関する無料相談ができる「SUUMOカウンターリフォーム横浜店」を出店。全国の賃貸情報からマンション・一戸建て・土地などの不動産売買・物件購入情報はもちろん、注文住宅やリフォーム、設備情報に至るまで幅広い情報を提供している。
 最後は、「オリコン日本顧客満足度ランキング2014−リフォーム会社部門」受賞の『大阪ガス』。ガス会社ならではの強みを活かし、ガス機器の取り換えからキッチン・バスなどの水回りのリフォームを得意とし、さらには住宅のトータルリフォームまで対応。また、リフォームアドバイザーなど独自の人材育成で品質向上にも積極的に取り組んでいる。
【調査概要】
■調査対象:全国20代〜40代、持家、既婚者男女、リフォーム経験者&リフォームを予定/興味がある
■サンプル数:リフォーム経験者:200サンプル リフォーム予定/興味あり:300サンプル 合計500サンプル
■調査期間:2015.8.11(金)〜8.17(月)調査手法:インターネット調査 調査機関:オリコン・モニターリサーチ(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!