【オリコン上半期】少女時代、海外歌手1位の26億円 K-POP勢が大躍進

韓国の9人組ガールズグループ・少女時代が「オリコン2011年上半期ランキング」のアーティスト別トータルセールス部門で海外アーティストトップの26.0億円を記録した。同部門で少女時代は、AKB48(66.6億円)、嵐(65.9億円)、EXILE(46.8億円)、安室奈美恵(27.0億円)に次ぐ5位にランクイン。6位には、韓国の5人組ガールズグループ・KARAが21.5億円で入り、昨年来からの“K-POPブーム”を象徴する2組がTOP10入りした。

今年に入って少女時代は、3rdシングル「MR.TAXI/Run Devil Run」(4月27日発売)が上半期15.3万枚...

この記事の画像

  • 少女時代『GIRLS’ GENERATION』(6月1日発売) 
  • KARA「ジェットコースターラブ」(4月6日発売) 
  • 東方神起「Why?“(Keep Your Head Down)」(1月26日発売) 

オリコントピックス

メニューを閉じる