AKB48新曲に妹分NMB48大抜てき! 握手会史上最多3万2000人に新曲初披露

 人気アイドルグループ・AKB48が16日、京セラドーム大阪で握手会イベントを行い、新曲「Everyday、カチューシャ」(5月25日発売)を初披露した。今作を歌う過去最多26名の選抜メンバーには、大阪・難波を拠点とする“妹分”グループ・NMB48から初めて、山本彩(さやか)と渡辺美優紀が大抜てき。NMB48のメジャーデビューより前にCDデビューする2人は、AKB48全国握手会史上最多の3万2000人のファンに緊張の面持ちであいさつした。

 AKB48はシングルごとに選抜メンバーが選出されるが、通算21枚目の今作では26名が選抜。そのうち、名古屋・栄のSKE48に続く全国進出第2弾として昨年10月から活動開始したNMB48から山本と渡辺の2人が初めて選抜され、地元ファンの大歓声を浴びた。NMB48は今年元旦に「NMB48劇場」で公演デビューしたものの、CDは未発売。山本と渡辺は、AKB48の選抜メンバーとしてCDデビューする。

 本イベントで、AKB48メンバー15人に山本を加えた16名が初披露した新曲「Everyday、カチューシャ」は、前田敦子初主演映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(6月4日全国公開)の主題歌。同CDの通常盤には、5月24日から投票がスタートする「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」の投票シリアルナンバーを封入する。同選挙にもNMB48のメンバー25人が初参戦することから、NMBの“全国進出”が加速しそうだ。

 イベント中には、今年1月に「Dear J」(累積売上21.1万枚)でソロデビューした板野友美の2ヶ月連続配信限定シングル「Wanna be now」(5月11日配信)、「愛にピアス」(6月1日配信)の発売と、東日本大震災の影響で延期となった2ndシングル(タイトル未定)の発売が7月13日に決定したことも発表。ファンをわかせていた。

 この日行われているのは、20thシングル「桜の木になろう」の発売と、CS放送『AKB48 ネ申テレビ シーズン6』の放送を記念した握手会イベント。AKB48からは前田、板野のほか、大島優子河西智美柏木由紀菊地あやか北原里英倉持明日香小森美果指原莉乃佐藤すみれ篠田麻里子高城亜樹横山由依渡辺麻友が参加した。

関連写真

  • 握手会イベントに参加したAKB48のメンバー【前列左から】河西智美、横山由依、渡辺麻友、前田敦子、大島優子、板野友美、高城亜樹、北原里英【後列左から】小森美果、菊地あやか、倉持明日香、柏木由紀、篠田麻里子、指原莉乃、佐藤すみれ、山本彩(NMB48)、渡辺美優紀(NMB48) 
  • 新曲「Everyday、カチューシャ」を選抜26人中16人で初披露 
  •  

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索