アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 卓球愛好家・福澤朗が『世界卓球』メイン司会に! サポーターは3年連続でAKB48

卓球愛好家・福澤朗が『世界卓球』メイン司会に! サポーターは3年連続でAKB48

 フリーアナウンサーの福澤朗が、5月9日から放送される『世界卓球2011ロッテルダム』(テレビ東京系)のメイン司会を務めることが13日、わかった。落語家・林家こん平が発起人として設立した「らくご卓球クラブ」に所属し、自他共に認める卓球愛好家である福澤は「世界で一番小さくて軽いボールを使うスポーツの、ズシリと心に響く感動のドラマを精一杯お伝えいたします」と大役に意気込んでいる。サポーターは、2009年から3年連続でAKB48が担当する。

 中学・高校時代は卓球部に所属して青春時代を謳歌してきた熱血漢・福澤が『世界卓球2011』を熱く盛り上げる。「世界レベルの超絶技巧の応酬は人類必見です!」とすでに使命感を胸に気合十分で、試合の展開次第で代名詞のフレーズ「ジャストミート!」も飛び出しそうだ。同番組の松下圭児プロデューサーも「卓球経験豊富で芸能人No.1の称号を持つ福澤さんならではの視点で、番組をより楽しく、面白く有意義なものにしていただけると思います」と信頼を寄せている。

 AKB48は、2009年に応援ユニット“AKB48卓球部”を結成してサポートしてきたが、今年はメンバー総出で日本代表にエールを送る。現時点でどのメンバーが番組に出演するかは未定だが、峯岸みなみは「まだまだ卓球の魅力に気付いてない方にもこの素晴らしさを知ってもらえるように私たちも一生懸命応援していきたい」と全力サポートを約束。中学時代卓球部だったという梅田彩佳は「卓球を通してみなさんにももっと勇気や元気を与えていけたら」と期待を込めた。

 テーマソングにはAKB48の「Overtake」(3rdアルバム『ここにいたこと』収録曲)が起用されることも発表された。福原愛選手、石川佳純選手、水谷隼選手らが熱戦を繰り広げる『世界卓球2011』は、5月8日から15日(日)までオランダ・ロッテルダムで開催される。


オリコントピックス