アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 二宮&松ケン、米アカデミー賞狙う 『GANTZ』“邦画初”日米同日舞台あいさつ

二宮&松ケン、米アカデミー賞狙う 『GANTZ』“邦画初”日米同日舞台あいさつ

 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の人気コミックを実写化した『GANTZ』の主演・二宮和也)と松山ケンイチが、日本映画史上初となる日米同日舞台あいさつを行った。二人は日本時間20日昼に東京・六本木の劇場で先行上映会の舞台あいさつに立った後、その足で渡米。時差を利用し、約6105キロ離れた米ロサンゼルスに現地時間20日午前に到着し、午後5時からハリウッドのチャイニーズシアターで舞台あいさつを行った。現地の模様は日本公開に先駆けて封切りとなった全米の劇場、334スクリーンで生中継された。

 全米公開を果たした同作は、来年の米アカデミー賞にノミネートされる条件をクリアした。ハリウッドでの舞台あいさつで、司会者からオスカー獲得への自信を聞かれた二宮は「ノミネートされたらすごくラッキーですね。今回、全米で上映してたくさんの人に観ていただけたことによって、日本映画の可能性がすごく広がったのではないかと思います」。松山は「ここで皆さんが作品を観ている時のリアクションを見て、受賞間違いないと思いました!」と目を輝かせた。

 海外での『GANTZ』人気は本物だった。舞台あいさつ付きの上映回のチケットは、ニューヨークをはじめ、LA、サンフランシスコなどのアメリカ主要都市の劇場で即ソールドアウト。チャイニーズシアター前にはチケットを買えなかったファンおよそ400人が集まり、半ばパニック状態のなか、リムジンで乗り付けた二人を出迎えた。もともと「COOL JAPAN」を象徴するような、スタイリッシュな作画に独創的にして過激なストーリーを持つ漫画家・奥浩哉氏の原作は、海外から高い評価を受けていた。クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』に出演した二宮、『デスノート』『ノルウェイの森』で知名度を上げた松山の共演も、現地での話題作りにプラス材料となった。

 現地での舞台あいさつは上映前後に2度行われ、上映前には二人とも英語であいさつして、約500人の観客を沸かせた。上映後、再び登壇した二宮は「今回、こういう機会を頂けたことによって、これからいろいろなものに挑戦していきたいという気持ちをもらうことができました」と心境を語り、「全米の方に観ていただけるなんてとても光栄です。また『GANTZパートII』でここに戻ってきてみなさんに会いたいです」と呼びかけた。松山も「本当に光栄です。こんなにたくさんのファンの方たちがいてくれるなんて本当に嬉しいです」と喜びをストレートに言葉にした。

 二人は20日昼に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台あいさつ行い、午後5時の便で成田を出発、同日午前10時に米LA空港に到着した。同日午後5時からチャイニーズシアターで舞台あいさつを行い、翌21日は終日メディアの取材・番組収録。22日午後12時の便でLA空港を後にし、日本時間23日午後5時に成田空港に帰国する2泊4日のまさに弾丸ツアーだった。

 同作は、死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召還され、“星人”と戦わなければならない理不尽な状況に追い込まれた主人公・玄野(二宮)と加藤(松山)を中心に戦闘を繰り広げるSFアクション。全2部作で、1月29日より日本公開される前編はほぼ原作を基に進むが、後編『PART II』(4月23日公開)は映画オリジナルの結末で物語を終える。

 現在、世界21の国と地域(アメリカ・カナダ・スペイン・ポルトガル・フランス・ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ・スイス・モナコ・ドイツ・オーストリア・イギリス・アイルランド・香港・台湾・シンガポール・マレーシア・インドネシア・ブルネイ・タイ)での公開が決定している。

【映画『GANTZ』関連特集】
松山ケンイチインタビュー★撮影中“相方”二宮から受けたサプライズとは?
アクションシーン満載! 映画場面カット


【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

関連写真

  • 『GANTZ』日米同日舞台あいさつを行った松山ケンイチ 
  • 『GANTZ』日米同日舞台あいさつを行い、現地で温かい歓迎をうけた松山ケンイチ 

オリコントピックス