ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

伊勢谷友介「ジャニーズさんとの殴り合いが快感」

 人気漫画・アニメを実写映画化した『あしたのジョー』の完成披露試写会が17日、都内で開催され、上映前に主演の山下智久NEWS)ら主要キャストが舞台あいさつした。矢吹丈役の山下は「撮影中、1日1回はキレていた」と役にのめり込み、気性が荒くなっていたと告白。力石徹役の伊勢谷友介も「ジャニーズさんとマジの殴り合い、得も言われぬ快感でした」と満足げ。二人とも本物のボクサーのような減量やトレーニングで体を作り、リングの上で実際に打ち合った過酷な撮影を振り返り、解放感もひとしおだ。

映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した伊勢谷友介 (C)ORICON DD inc. 

映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した伊勢谷友介 (C)ORICON DD inc. 

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 ケンカに明け暮れ、殺伐とした生活を送っていた少年ジョーが、元ボクサー・丹下段平(香川照之)に見出され、宿命のライバル・力石との運命的な出会いを経て、ボクシングを通して成長する姿を描く。

 「もともと人を殴ったりすることにためらいがあった」という山下。ジョーを演じる上で不可欠な闘争心を引き出そうと、山下のスパークリング相手のトレーナーがいきなり、本気で腹にパンチをして挑発したこともあったという。山下は「間違えると大けがになる。一手一手集中して、練習の成果をリングの上で全部ぶつけようと思った。ボクシングは熱いスポーツ。失礼のないように本気で挑みました」と、ガチで殴り合った試合のシーンに自信をのぞかせた。

 舞台あいさつにはほかに、香里奈、香川、勝矢、曽利文彦監督が出席。無類のボクシング好きで知られる香川だが、山下と伊勢谷の壮絶な役作りのための体づくりを目の当たりにし、「選手の役でなくてよかった」。とはいえ、原作の漫画やアニメにリアルタイムで夢中になった世代である香川は「僕は特殊メイクに2時間かけて、外見だけでも本物になりきろうと思った。劇中で山下くんと伊勢谷くんは半分以上裸です」と女性ファンをあおった。

 紅一点の香里奈は、ジョーと力石の間で揺れ動くヒロインを「表現するのが難しかった」といい、どちらがタイプかとの問いには「突拍子もないジョーに葉子は何コイツって思いながら惹かれていくので…どうなんでしょう」と答えに窮した。「流れは完全にジョーだったんだけど」と伊勢谷は笑いながらも悔しそう。山下は「嬉しいです」と笑顔を見せていた。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

関連写真

  • 映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した伊勢谷友介 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した香里奈 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した香川照之 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した勝矢 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した伊勢谷友介 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『あしたのジョー』の完成披露試写舞台あいさつに出席した曽利文彦監督 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索