アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 元議員・杉村太蔵が“2世政治家”役でドラマ初出演

元議員・杉村太蔵が“2世政治家”役でドラマ初出演

 前衆議院議員の杉村太蔵氏が、女優・米倉涼子が主演するドラマ『ナサケの女』(9日・後9:00〜 テレビ朝日系)で役者デビューを飾ることが5日、わかった。米倉演じる国税査察官の主人公・松平松子が追い詰める脱税者側の人間として、政治家の2世議員役を演じる杉村は「これで、職業=俳優って書けるな(笑)」と、今後の俳優業へ意欲をのぞかせた。また毎回米倉のコスプレも話題を集めた同作だが、最終話となる今回は遂に性別をも乗り越え、ひげ面でぼさぼさ頭の男性ホームレスに変身。“男同士”の異色の共演に注目だ。

 まったくの畑違いとなるドラマ出演を決めた杉村氏だが、局側からのオファーを快諾するきっかけは杉村夫人に「パパ出なよ! みんな見てるよ!! 米倉涼子と共演だよ!!!」と強力プッシュがあったことを告白。実際の演技に対する本人評価は「大御所にも劣らぬ迫真の演技」と自信をのぞかせた。

 さらに、米倉との共演については、「一緒に画面に映れるだけで光栄。ただ、残念なのは米倉さんがホームレス役なこと。あんなにきれいなホームレスはいないけど、ホストクラブでお会いできたらもっと良かった(笑)」と、余裕を見せた。

 国税調査官として脱税者の摘発に奮闘する松平松子を主人公に、お金にまつわる人間の悲哀を描いてきた1話完結の同作。最終回で松子が挑むのは、悪徳不動産会社の社長・花形啓介と癒着が噂される政治家親子だ。花形が開催するチャリティーパーティに、松子は空腹のホームレスとして乱入する。  

 同作で松子は、脱税者の内偵のためにキャバ嬢、農婦にキャディーなど様々なコスプレ姿を披露してきた。しかし、男にまでなりきってしまうのは今回が初めて。美人女優として男女を問わず支持を集める米倉だが、ホームレスの扮装には抵抗するどころか気合十分。監督の指示さえ聞かず、ヘアメイクやスタイリストたちと完璧な中年男性を作り上げた。その出来栄えに米倉は「男になりたいという夢がこれで叶った」と、大満足している。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • ドラマ初出演を果たした杉村太蔵(左から2番目)とホームレスに扮した米倉涼子(中央) (c)テレビ朝日 
  • 自らつげ髭を志願した米倉 (c)テレビ朝日 
  • ホームレスに扮した米倉涼子とドラマ初出演を果たした杉村太蔵(右) (c)テレビ朝日 
  • 自らつげ髭を志願した米倉 (c)テレビ朝日 
  • ホームレスに扮した米倉涼子とドラマ初出演を果たした杉村太蔵(右) (c)テレビ朝日 
  • ドラマ初出演を果たした杉村太蔵(左から2番目)とホームレスに扮した米倉涼子(中央) (c)テレビ朝日 
タグ

オリコントピックス