アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • AKB48篠田が月9ドラマ初出演! 三浦春馬の“元カノ”に

AKB48篠田が月9ドラマ初出演! 三浦春馬の“元カノ”に

 人気アイドルグループ・AKB48篠田麻里子が、来年1月スタートのドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)で“月9”に初出演することが2日、わかった。同局連ドラへのレギュラー出演もこれが初めて。ダブル主演、戸田恵梨香三浦春馬の大学時代の同級生で、過去に三浦演じる主人公と付き合っていたウエディングプランナーを演じる篠田は、「同世代の東堂さやかという役が、私で良かったと言っていただけるように真摯に励みたいと思います」と意気込む。

 半年後に結婚を控え幸せいっぱいの高校の同僚教師、上村夏実(戸田)と柏木修二(三浦)。始業式前日、修二は自ら担任することになる生徒・佐伯ひかり(武井咲)と一夜の関係を持つという過ちを犯してしまい、それが夏実に知られたことから状況は一変。教師同士と生徒の恋愛という禁断の“三角関係”のなか、さらに元恋人・修二への思いを断ち切れないでいる東堂さやか(篠田)が新たに恋のライバルとして加わる。

 増本淳プロデューサーは、“妥協が嫌いで理想が高く、サバサバした性格”だという東堂のキャラクターと「篠田さんのチャーミングで華がありながらも、長身で男っぷりがよい雰囲気がぴったり」と起用。「きっと“かっこいい”東堂さやかを作り上げてもらえると期待しています」と期待を込め、篠田も「とても才能豊かな方々がいる中で、私に声をかけていただいたスタッフの皆様に感謝をしています」と、女優としてのさらなるステップアップを目指す。





オリコントピックス