ドラマ&映画 カテゴリ

嵐・二宮 『GANTZ』ジャパンプレミアに感涙「松山ケンイチがこんなに興奮するとは」

 奥浩哉の人気コミックを実写映画化した『GANTZ』(佐藤信介監督、2011年1月29日公開)のジャパンプレミアが29日、東京・JCBホールで開催された。約1700人の観客と一緒に同作を鑑賞した直後、ステージに上がった主演の二宮和也の目は赤く潤ませ、「すごかったよね」。共演の松山ケンイチも興奮覚めやらぬ様子で、「生のリアクションを感じながら観ていて、会場をひとつにまとめる力がこの映画にあったなと感じました」と話した。

 二宮、松山、吉高由里子本郷奏多、夏菜、山田孝之らキャストと佐藤監督は揃って映画を鑑賞後、ステージに上がってあいさつした。テンションの上がった松山は、手にマイクを持っていることも忘れ、ほかの登壇者の話に“つぶやき”を連発。全裸シーンに挑んだ夏菜が「撮影時は緊張しなかったけど、今、思うとがんばったな自分…」と涙ぐんで話している横で、松山は「2日間スッポンポンだった」と地声でつぶやき、二宮がわざわざマイクで通訳して、会場を笑わせるひと幕もあった。

 負けじと山田も「GANTZスーツ着たかったんですが、できなかったので、ヒートテックを着て、目を細めればGANTZスーツに見えるかな…と満足していました」と話して笑わせた。

 そんな共演者たちの姿を見て二宮は「改めて新鮮な気持ちで映画を観られた。松山ケンイチがこんなに興奮するとは、映画ってすごい力を持っているな。山田(孝之)氏の首にキャノン砲のテープがひっかかるとは思ってみなかった」と感動もひとしおの様子だった。

 全米での先行公開(来年1月20日より、300館規模で上映予定)も決定した同作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気SFアクションコミックの実写版。死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召還され、“星人”=敵と戦わなければならない理不尽な状況に追い込まれた主人公・玄野(二宮)と加藤(松山)を軸に、極限状態に追い込まれた人間たちが戦闘を繰り広げるSFアクション・エンターテイメント。同作は2部作の前編で、後編『PART II』は来年4月23日に公開される。

【映画『GANTZ』関連特集】
松山ケンイチインタビュー★撮影中“相方”二宮から受けたサプライズとは?
アクションシーン満載! 映画場面カット


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『GANTZ』ジャパンプレミア上映後に舞台あいさつを行った松山ケンイチ (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『GANTZ』ジャパンプレミア上映後に舞台あいさつを行った吉高由里子 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『GANTZ』ジャパンプレミア上映後に舞台あいさつを行った山田孝之 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『GANTZ』ジャパンプレミア上映後に舞台あいさつを行った夏菜 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『GANTZ』ジャパンプレミア上映後に舞台あいさつを行った本郷奏多 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『GANTZ』ジャパンプレミアの模様 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索