アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • デビュー25周年の仲村トオル、50作目『行きずりの街』公開に感無量

デビュー25周年の仲村トオル、50作目『行きずりの街』公開に感無量

 俳優・仲村トオルが主演する映画『行きずりの街』(阪本順治監督)が20日、公開初日を迎え、東京・丸の内TOEIでキャストらによる舞台あいさつが行われた。同作は仲村にとってデビュー25年目に公開され、映画出演50作目という節目の作品。「意外ともったね〜。けっこう続くもんだね〜」と他人事のように25年前に想いを馳せ、「1本目の作品があって、いろんな意味で救われて、今日があるんだな」と満面の笑みを浮かべた。

 この日、仲村のデビュー作『ビー・バップ・ハイスクール』(1985年)の故・那須博之監督の妻で、脚本を手がけた那須真知子さんから仲村に宛てた手紙が朗読され、「恩人という言葉しか見つからない…」と仲村。当時は「俳優を続ける可能性さえ考えられなかった」というが、25年後のきょうは観客に向かって「25年後の100本目を見に来てください。身体を大切に、いいものを食べて」と可能性を約束した。

 舞台あいさつには共演の小西真奈美南沢奈央窪塚洋介、主題歌の歌手meg、阪本監督も登壇。小西は「心を込めて作った作品。女子高生役を演じることはもうないと思う。最後の制服姿を観に来てほしい」。南沢は「いままでにない役だったので、トオルさんをはじめ、スタッフ、キャストに支えられた」。窪塚も「トオルさんの誠実で真摯な姿勢にすごく刺激を受けた」と話した。

 同作は、志水辰夫の同名小説が原作のラブサスペンス。生徒と結婚したことが原因で都内の名門女子高を追われた元教師の波多野(仲村)は、その妻とも離婚し、現在は故郷で塾の講師として働いている。そんな波多野は、姿を消した元教え子のゆかり(南沢)を探すため、12年ぶりに東京へと向かう。自分を学園から追放した男たちが事件にかかわっていることを知り、捜索の途中で元妻の雅子(小西)との再会を果たすが、波多野はさらなる事件の渦中に巻き込まれていく。

 阪本監督は「52歳で独身。ラブシーンの撮影時は照れながら撮っていました(笑)。人の心の描写に優れた志水辰夫さんの原作小説を映像で表現しようというチャレンジはできた」と自信をのぞかせていた。

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 仲村トオル (C)ORICON DD inc. 
  • 小西真奈美 (C)ORICON DD inc. 
  • 窪塚洋介 (C)ORICON DD inc. 
  • 南沢奈央 窪塚洋介 (C)ORICON DD inc. 
  • 小西真奈美&仲村トオル (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス