ドラマ&映画 カテゴリ

鈴木杏、新作映画『軽蔑』でポールダンサーに挑戦

俳優・高良健吾と鈴木杏のダブル主演で、芥川賞作家・中上健次(享年46)の最後の長編作品『軽蔑』(1992年発表)の映画化が決まった。戦後生まれの純文学作家の旗手として活躍し、1992年に腎臓がんで急逝してから18年経った今も、圧倒的な人気を誇る中上氏の異色のラブストーリー。高良は名家の一人息子として生まれながら、上京して賭博に明け暮れる暮らしをしていたカズ役、鈴木は新宿歌舞伎町のポールダンスバーでナンバー1の踊り子・真知子役を演じる。

東京で出会い、熱烈に魅かれあった二人は、カズの故郷に帰って新しい生活を始める。しかし、カズの父親・一幸(小林薫)をはじめ、周囲は二人の関係...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索