アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 米倉涼子主演『ナサケの女』 初回視聴率17.6%の好スタート

米倉涼子主演『ナサケの女』 初回視聴率17.6%の好スタート



 女優・米倉涼子の主演ドラマ『ナサケの女 〜国税局査察官〜』(テレビ朝日系)の初回が21日に放送され、平均視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東地区)が17.6%だったことが22日、わかった。

 東京国税局査察官の松平松子(米倉)が、嫌疑者の内偵、ガサ入れ、告発などから脱税の実態を解明し、金に執着する悪質な脱税者と熱いバトルを繰り広げる同作。米倉が内偵捜査シーンの際に披露する大胆コスプレも見どころとなっている。

 共演陣は柳葉敏郎塚本高史飯島直子、勝村政信、泉谷しげるといった顔ぶれで、オカマバーのママ役を武田鉄矢が演じることも話題のひとつだ。なお主題歌にはDREAMS COME TRUEの新曲「LIES,LIES.」が起用されている。

 ドラマ『ナサケの女 〜国税局査察官〜』は毎週木曜、午後9時より放送。



オリコントピックス