• ホーム
  • デジタル
  • AKB48が初ゲーム化 究極の恋愛妄想ゲームで「恋愛禁止条例」解禁!?

AKB48が初ゲーム化 究極の恋愛妄想ゲームで「恋愛禁止条例」解禁!?

■その他の写真ニュースはこちら

 人気アイドルグループ・AKB48の初ゲーム化が決まり14日、都内で『AKB1/48 アイドルと恋したら…』(プレイステーション・ポータブル専用)の制作発表会が行われた。ゲームはメンバー48人が登場し“47人をフッて1人を選ぶ”という、これまでにない恋愛妄想作品。大島優子は「告白はあっても、フるゲームってあんまない。フられまくり放題なので、楽しみですねと笑顔で話し、板野友美も「みんなのフられたり、告白するところなんか見られないので、自分でもやってみたい」とはにかんだ。

 ゲームは、AKB48のメンバー全員が“あなた(プレーヤー)のことを大好き”という設定でスタート。メンバー一人一人からの誘惑や愛の告白といった “障害”をかわし、最後の1人になるまで47人をフり続け、ヒロインとのハッピーエンドを目指す。同作で使用されるメンバーの写真は1万枚以上、告白シーンの動画は合計80分以上のボリュームを収録。メンバー出演のパートは全編フルボイスで進行し、大島は「恥ずかしいセリフを言ったり、普段ないことも言っちゃってる」と照れながらアフレコを振り返った。

 大島は「メンバーでゲーマーな人が多いので、ゲームになるってことは嬉しかったですね」とゲーム化の感想を語り、自身も「やりたい。その子(メンバー)がいる前で、その子をフりたいです! いじめたい!」と笑顔で“ドS”願望を話すと、周りからは「ひどいよ〜!」と声があふれた。

 板野も「こういう恋愛シチュエーションゲームを、本当のアイドルがやるっていうのが不思議。嬉しいしドキドキするし、自分でもやりたいし、不思議な気分」だという。ロケでは自分の好きな海辺での告白シーンを撮影し「サーファーな人がたくさんいる中での告白だったので、すごく恥ずかしかった」といい、河西智美も「惚れ顔や泣き顔、いろんな表情の写真をたくさん撮ったので、恥ずかしかった」とメンバーにとっても照れくさい内容となるようだ。

 ゲームソフト単品の「通常版」のほか、UMDビデオがセットになった「期間限定生産版」、撮り下ろし生写真や着せ替えジャケットなどの特典が付いた「初回限定生産版」の3種類を発売。さらに、同作のオリジナルデザインが施されたPSP本体とセットになった「Premier Special Pack」も数量限定で発売。『AKB1/48 アイドルと恋したら…』は、12月23日(木・祝)発売。

⇒ AKBのランウエイや沢尻エリカの登場など話題を呼んだTGCフォトレポート★



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • AKB48初のゲーム『AKB1/48 アイドルと恋したら…』の制作発表会に出席した(後列左から)鈴木まりや、仲谷明香、増田有華、松井咲子、前田亜美、佐藤すみれ、小林香菜、中田ちさと、佐藤夏希、大家志津香 (前列左から)奥真奈美、石田晴香、仁藤萌乃、板野友美、大島優子、河西智美、高城亜樹、近野莉菜、梅田彩佳 (C)ORICON DD inc. 
  • AKB48初のゲーム『AKB1/48 アイドルと恋したら…』の制作発表会に出席した大島優子 (C)ORICON DD inc. 
  • AKB48初のゲーム『AKB1/48 アイドルと恋したら…』の制作発表会に出席した板野友美 (C)ORICON DD inc. 
  • AKB48初のゲーム『AKB1/48 アイドルと恋したら…』の制作発表会に出席した河西智美 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス