アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松本人志が9年ぶりコント番組 NHKで1人コントに挑戦

松本人志が9年ぶりコント番組 NHKで1人コントに挑戦

■その他の写真ニュースはこちら

 人気お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が、NHKで1人コント番組『松本人志のコント MHK』(10月15日放送)を撮り下ろしたことが10日、わかった。民放を含めた地上波で、松本がコント作品を放送するのは2001年9月以来約9年ぶり。企画・作・構成を全て手掛けた力の入れようで、松本は「これまでやってきた番組とどうしても比べられると思うのですが、この45分で、その何年分に勝つつもりでやっています。すごく濃い45分だと思う」と、天才コント師としてかつての自分をライバルに真摯に笑いと向き合った。

 民放では続々とネタ見せ番組が終了し、コント番組も壊滅状態にあるなか、笑いのカリスマ松本が、新たな試みで再びコント制作に乗り出した。過去にもバラエティ番組『1人ごっつ』(フジテレビ系)で1人コントや話芸を繰り広げてきたが、今回は実際にあった過去のニュース映像を用いるなど“NHKだからこそ実現できた”新コントに挑戦。同局側が「松本さんのコントをぜひ作りたい」と出演を熱望し、松本もNHKならではの新境地開拓に挑んだ。NHKで繰り広げたM(松本)H(人志)K(コント)ワールドは大きな話題を呼びそうだ。

 10月のNHKは、まさに“松本人志スペシャル”だ。同番組の翌16日(土)には、今年3月から異例の長期密着を敢行した『プロフェッショナル 仕事の流儀 松本人志スペシャル』(午後9時)を放送する。途中、左股関節唇損傷で人生初の手術を行うなどプライベートでも話題を振りまいてきた松本だが、その真髄は笑いにある。企画会議や番組制作の過程を捉えたNHKのカメラは、もちろん『松本人志のコント MHK』の裏側にも潜入し、松本のお笑いにかけるプロ魂を、2夜かけて浮き彫りにしていく。

 新コント番組『松本人志のコント MHK』は10月15日(金)午後10時より放送される。

オリコントピックス