• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

『ミナミの帝王』、千原ジュニア初主演でドラマ化

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビ・千原兄弟千原ジュニアがドラマ初主演作で、9月21日にスペシャルドラマ『ミナミの帝王』(フジテレビ系 午後10時)として放送されることが30日、わかった。同作は、漫画雑誌『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)連載中の人気漫画で、映画・Vシネマは、俳優・竹内力主演で64作品制作されている人気シリーズ。竹内の代名詞ともいえる主人公・萬田銀次郎を演じるジュニアは「出演依頼が来た時は、恐れ多くてお断りしようと思いました。(共演者が)すごい俳優さんばかりで緊張しますね。今までのミナミの帝王とはかなり違うと思いますが、頑張って取り立てますのでよろしくお願いします!」と、かつて“吉本のジャックナイフ”と言われた男が、新たな銀次郎像を描いていくようだ。

 8月19日放送の人気バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、“『ミナミの帝王』芸人”が放送されるなど、芸人の間でも人気が高い同作。10日で1割、通称“トイチ”の利子で、金を貸し付けるが、担保も保証人も要求しない金融屋・銀次郎。法律をかさに逃げようとする者には遥かに凌駕する法と経済の知識で圧倒し、力で圧力をかけようとする者にはヤクザ顔負けの凄味を利かせる。貸した金を回収するためには、例え10円でも地の果てまで回収に行く銀次郎を通して、金と人間の本性に迫っていく。

 そのほかのキャストには、銀次郎に惚れこみ舎弟となる坂上竜一役を、俳優・大東俊介が演じる。大東は、今年6月に原付バイクを走行中に事故に遭い、大腿骨複雑骨折で入院し、復帰後初のドラマ出演。「ジュニアさんの作る全く新しい銀次郎が楽しみです。原作と同じように愛される作品になるように、竜一がんばります!」と気合十分。また、銀次郎の過去を知る喫茶店のマスター役の大杉漣、不動産会社の美人社長役の萬田久子のほか、白石美帆西村雅彦赤井英和ら実力派俳優が顔をそろえる。

 物語は、銀次郎が裏カジノで客に1000万円もの大金を貸し付けるところから始まる。一見、腰の低い商人風の銀次郎だが、返済が滞っている客を見つけると態度は豹変。「命の次に大切なゼニを貸してんねや。命がけで返さんかい!」と凄み、今までに1円たりとも取りっぱぐれたことがない。一方、大東京銀行難波支店で、預金獲得の成績が上がらない今宮伸治(内田滋)は支店長・朝倉(西村雅彦)から社内いじめに遭っていた。「手ぶらで帰って来るぐらいなら、死んで保険金をウチの定期預金に入れてくれ」と朝倉から暴言を吐かれ、耐えかねた今宮は、銀次郎から金を借りることになり……。

 千原ジュニアは本業のお笑いタレントだけでなく、俳優としても1997年に映画『岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇』に千原兄弟として主演。そのほかにも『ポルノスター』、『MOON CHILD』、『ナイン・ソウルズ』などに出演し、独特の存在感を提示。ドラマにも『深く潜れ〜八犬伝2001〜』(NHK総合)、連続テレビ小説 『ほんまもん』(同局系)、『ぼくの妹』(TBS系)などに出演。個性派俳優としても幅広く活動するジュニアが、竹内版『ミナミの帝王』をどう超えていくのか、注目したい。


関連写真

  • SPドラマ『新・ミナミの帝王(仮)』で新たな萬田銀次郎を演じる千原ジュニア (c)関西テレビ 
  • 舎弟・坂上竜一を演じる本作がドラマ復帰作となる大東俊介(左)と千原ジュニア (c)関西テレビ 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索