ドラマ&映画 カテゴリ

秋元康、小泉今日子はなんてったって「史上最強のアイドル」

■その他の写真ニュースはこちら

 女優で歌手の小泉今日子と、彼女の代表曲「なんてったってアイドル」などの作詞を手掛けた作詞家・秋元康が25日、東京・表参道ヒルズにて行われたJ-WAVE特別番組『小泉今日子 原宿百景』の公開収録に臨み、アイドル論を展開した。現在、人気絶頂のAKB48を筆頭に数々のアイドルグループを世に送り出してきた秋元は、“アイドル”の固定概念を打ち破ってきた小泉を「史上最強のアイドル。アイドルで等身大ってありえないでしょう?」と鼻息荒く断言。それを聞いた小泉は「申し訳ない。最強のプロデューサーから言われて…」と肩をすぼめながらも喜びをあらわにした。

 秋元いわく、小泉こそなんてったって史上最強のアイドル像だ。小泉と旧知の仲とあり、思い出話に花を咲かせる一方、秋元は「小泉さんは、昭和のアイドルかもしれないけど、平成でも通用するし、現存するアイドルでは最強でしょう」と終始ベタ褒め。小泉のヒット曲「あなたに会えてよかった」での歌い方にも着目し 「“神(歌)”なんですよ。歌詞の『上手に言えなかった〜』で、鼻に引っ掛けたあの(歌い方の)感じがね、『小泉ー!!』」とマイクの音割れもお構いなく絶叫。これには小泉も「私の歌は、危ういところが魅力って言われてた。つり橋効果がいいのかな」と腹を抱えて笑った。

 「小泉さんって、次、何をやるんだろうって(ファンが)待ってたところがあった。アイドルって、次に何をやるのかっていうのがおもしろいよね」と語る秋元が、その思いを詰め込んで総合プロデュースを務めるアイドルグループがまさにAKB48。小泉は「アイドルって、どの時代、世代にとっても必要な存在。だから、 秋元さんがAKBに辿りついて納得した。しかも、スーパーアイドルになったし、凄いですね」と改めて敬意を表すと共に「アイドルの子が歌う曲は、同世代の青春を支えてる。こういう文化、大事にしたい」としみじみと語った。

 また話題は小泉のかつての恋愛事情にも遡り、秋元が「ある人と小泉さんが歩いてた時、小泉さんが周りのみんなに気を遣ってたけど、あの彼が手を掴んで『何も恥ずかしいことじゃないだろ』って言ったのはかっこよかったね〜」と振り返れば、小泉も「今に比べたらもうちょっと自由恋愛だったかも」。さらに小泉は昨今のアイドルや女優の恋愛事情にも言及し「見守ってあげたらいいのにね〜。それか、(話題を)面白くする方法を伝授したい。あ、(新たな)アイドル界作ろうかな」と怪気炎をあげ、場内の笑いを誘っていた。

 同イベントは、Mラジオ局J-WAVEと雑誌『SWITCH』の創刊25周年記念プロジェクトのコラボレーションで実施。この日、収録した模様は8月7日(土)深夜0時より放送。小泉が原宿をナビゲートするエッセイ&ガイドブック「小泉今日子『原宿百景』」は現在発売中。


⇒ 今をキラめく旬のアイドルをニュースでチェック!

関連写真

  • J-WAVE特別番組「小泉今日子 原宿百景」公開収録に臨んだ小泉今日子と秋元康 
  • J-WAVE特別番組「小泉今日子 原宿百景」公開収録に臨んだ小泉今日子と秋元康 
  • イベントで朗読を披露した小泉今日子 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索