ドラマ&映画 カテゴリ

妻夫木聡、悪人役志願「今までと違う自分に出会いたかった」

■その他の写真ニュースはこちら

 芥川賞作家・吉田修一の同名小説を映画化した『悪人』の完成報告会見が24日、都内であり、俳優の妻夫木聡ら出演者が登壇した。殺人犯・清水祐一(妻夫木)と祐一との愛に溺れてしまった馬込光代(深津絵里)を中心に、その周りの家族、被害者、加害者らの視点から事件の真相を明らかにしていく、“いったい誰が本当の悪人なのか”という大きなテーマを用いた、ヒューマンドラマ。原作を読んだ妻夫木は、初めてマネージャーを通して出演を自ら志願。「もっと自分が知りたかったのかな? 今までの自分と違う自分に出会いたかったっていうのが思ったこと。自分としては新しいスタート」と役者人生において一つの転換期を迎えた。

 今作で妻夫木と深津は3度目の共演。深津が「とても演じることに真面目で素直。ほんとに頭が下がる思い」と妻夫木を称えれば、妻夫木も「感無量です。いい意味で、お芝居をすることに対して気を遣わせないでやらせていただいている。深津さんと一緒だったから耐えられた。(深津演じる)光代が深津さんでとても感謝しています」と照れながら明かした。

 途中なんども嘔吐を繰り返しながら原作を読んだという満島ひかりは、自身の演じる役柄について「この女の人は好きじゃないですね。媚びたりするために、嘘をいっぱいはりつけていた時の自分にそっくりで」と意味深に打ち明け「撮影中は、毎日実家に帰りたかったです」と振り返った。

 会見終盤では映画タイトルの『悪人』にちなみ、“あのとき私は悪人だった”とうテーマでキャストに質問。岡田将生は「中学の時に英語が苦手で、カンニングペーパーを作ってました」と懺悔し、妻夫木は顔を歪ませながら「ないこともないんですけど、今後のために言えないですよね」と逃げ腰。そんな中、深津は「こういった会見がもともと苦手なので…この会見が一刻も早く終わってくれないかなと思っている自分ですかね」と正直に話していた。

 会見には他に樹木希林、李相日監督、音楽を担当した久石譲、吉田修一が登壇。映画『悪人』は、9月11日より全国ロードショー。

◆関連ニュース 最新映画情報映画インタビュー


 久石譲

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した妻夫木聡 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した深津絵里 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した(左から)李相日監督、樹木希林、岡田将生、深津絵里、妻夫木聡、満島ひかり、音楽を手掛けた久石譲、原作者の吉田修一 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した原作者の吉田修一氏 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した満島ひかり (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した李相日監督 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『悪人』完成報告会見に出席した樹木希林 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索