アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 「24時間テレビ」パーソナリティーに米倉涼子やAKB48ら 番組史上最大人数で盛り上げる

「24時間テレビ」パーソナリティーに米倉涼子やAKB48ら 番組史上最大人数で盛り上げる

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 日本テレビ系『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』の制作発表会見が23日、東京・汐留の同局で行われ、メインパーソナリティーのTOKIOらが出席。チャリティーパーソナリティーを米倉涼子、番組パーソナリティーをAKB48森三中が務めることが発表された。今回は同番組史上最大人数のパーソナリティーとなるが、長瀬智也は「みんなで力を合わせて、(今年の)テーマのありがとうを伝えられるようにしたい」と意気込みを語った。また恒例の“チャリTシャツ”はスタジオジブリがデザインを担当している。

 今年の同番組は、TOKIOを3回目のメインパーソナリティとして迎え「ありがとう〜今、あの人に伝えたい〜」をテーマに家族・仲間・自然への 感謝の気持ちを再確認する内容を展開する。松岡昌宏は「(TOKIO)全員30代で番組が33回目。そして僕らも3回目でして。3回目だからこそできることがあると思う」と士気を高め、山口達也も「経験者にしかできないことがある」と自信をのぞかせた。

 昨年、一昨年は後輩のNEWSや嵐がメインパーソナリティーを務めていたとあって、国分太一は「年齢では負けないぞと。いろいろな経験をしてきたメンバーなので、自分たちの言葉で伝えていきたい」。城島茂も「30代ならではのメッセージを!」と張り切った。

 テーマである“ありがとう”にちなみ、米倉は「メイン(で伝えたいの)は母親かな。なかなかお礼ができてないので」と感謝の言葉。森三中の大島美幸は「AKBの大島優子さんが(総選挙で)1位になって、優越感(を感じる)。“大島”が1位になることはないので」と大島優子に頭を下げて笑いを誘った。前田敦子は「AKB48なりのありがとうを伝えていきたいです」と笑顔で抱負を語っていた。

 また、総合司会を務める徳光和夫は、AKB48の第2回選抜総選挙の司会時に好評を博した俳句をこの日も発表。「ついに出た 時を(TOKIO)駆け抜けた ニューハーフ」と、TOKIOとチャリティーマラソンランナー・はるな愛を掛けた句を披露して会場を盛り上げた。東京・日本武道館をメイン会場に、徳光と同局の西尾由佳理アナウンサーが総合司会を務める『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』は、8月28日〜29日に放送。

◆関連ニュース一覧 日本テレビジャニーズ


 AKB48



関連写真

  • 日本テレビ系『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』制作発表会見に出席した、チャリティーパーソナリティーを務める米倉涼子 (C)ORICON DD inc. 
  • 日本テレビ系『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』制作発表会見に出席した、総合司会の西尾由佳理アナウンサー(左) (C)ORICON DD inc.  
  • 日本テレビ系『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』制作発表会見に出席した、総合司会の徳光和夫 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス