• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • X JAPAN・hideさん13回忌法要で築地本願寺本堂開放 ファン3万5000人が弔問

X JAPAN・hideさん13回忌法要で築地本願寺本堂開放 ファン3万5000人が弔問

■その他の写真はこちら

 1998年に急死したロックバンド・X JAPANのギタリスト・hideさん(享年33)の命日である2日、東京・築地本願寺で十三回忌法要及び一般献花式が営まれた。総制作費5000万円、弔問待ちの列は最長2キロに及び合計3万5000人のファンが、遺影に向かってそれぞれの思いを捧げた。親族やメンバーのYOSHIKI、PATA、HEATH、元メンバーのTAIJIをはじめ、hide with Spread BeaverLUNA SEAGLAYのTAKUROなど縁のあるアーティストや関係者500人が参列した。

 hideさんが亡くなった午前8時52分、早朝から集まっていたファン3500人と共に実弟で所属事務所社長の松本裕士氏が、1分間手を合わせて合掌。式典『hide★The 13th Memorial〜Our Pink Spider〜』は午前11時より営まれ、hideさんの生い立ちの映像が上映されて開式された。

 遺影には1996年に撮影された未公開のアーティスト写真が使用され、祭壇には「これからもhideさんが羽ばたいていくのをイメージ」した、高さ9メートル、全長30メートルもの翼のモニュメントが設置。遺影の両脇にはイエローハートとペイズリーの2本の愛用ギターが飾られた。

 同法要を機に「ロックスター・hideを世の中の人たちに認めてもらいたい」という気持ちで臨んでいた松本氏は「今までのhideの舞台を支えてくれたチームが、本堂の中に愛を吹き込んでくれた」と感謝。亡くなった当時はhideさんのマネージャーだったこともあり「出棺の時を思い出した。ずっと、ファンにはごめんなさいとしか言えなかった。僕がいながら…と。それを引きずってきた」と、この日を迎えるまでの心痛は計り知れなかったが「これほどのファンの人が来てくれて嬉しい思いです」と唇を震わせた。

 この日、参列したYOSHIKIは、8月中旬に横浜・日産スタジアムでX JAPANのライブを行うことを緊急発表。松本氏は「hideはそこ(同ライブ)にはいないけど、ファンの人を喜ばせてください」とhideさんの思いをメンバーに託し、自身は「これからhideを語り継いでいくことに努めたい。世界に向けて、何でもやっていきたい」と今後の展望を語った。

 1998年に同所にて葬儀・告別式が行われた際は、芸能界史上最高となる約5万2000人のファンが参列。今回は、その時入ることができなかった本堂を一般弔問客にも開放して献花が行われ、混乱を防ぐため警官180人、警備員250人が配置される厳重態勢。午後5時半に本堂の門が封鎖されるのを見据え、午後3時に公式サイトで受付終了のアナウンスが急きょ発表された。

 翌3日(月・祝)には東京・新木場STUDIO COASTにてhideさんの軌跡と未来を凝縮したイベント『DIVE TO Pink!! 〜hideの部屋へようこそ〜』が開催される。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • hideさん13回忌法要の祭壇 
  • 築地本願寺の本堂を一般開放 
  • 祭壇には「これからもhideさんが羽ばたいていくのをイメージ」した、高さ9メートル、全長30メートルもの翼のモニュメントが設置 
  • 参列し、遺影に向かって思いを捧げたYOSHIKI 
  • hideさん13回忌法要の祭壇 
  • hideさん13回忌法要の祭壇の全体写真 
  • 東京・築地本願寺の様子 
  • 東京・築地本願寺には多数のファンが詰めかけた 
  • 実弟で所属事務所社長の松本裕士氏 

オリコントピックス