アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ティム・バートン監督が認めた新鋭 シェーン・アッカー監督インタビュー

ティム・バートン監督が認めた新鋭 シェーン・アッカー監督インタビュー

■その他の映画インタビューはこちら


 『アリス・イン・ワンダーランド』が世界中でメガヒットしているティム・バートン監督が注目する新しい才能。それが彼、シェーン・アッカー監督だ。


  2005年米アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたアッカー監督のオリジナル短編映画『9』は、当時UCLAの学生だった彼が、アニメーション課程の卒業制作として完成させた作品。これを観るべくして観たバートン監督は「これまでの人生で観た映像の中で、最高の11分間だった」と衝撃を受け、同作の長編化を促し、全面的なバックアップにあたった。


 それから約4年半に及ぶ制作期間を経て完成したのが、5月8日に公開される『9<ナイン>9番目の奇妙な人形』。日本公開を前に来日したアッカー監督が作品について語ってくれた。


◆ダーク・ファンタジーで浮き彫りにする“人間らしさ”


[拡大写真]

映画のワンシーン

 物語の舞台は人類滅亡後の未来。古びた研究室の片隅で、麻布を縫い合わせて作られた人形が目を覚ます。荒涼とした廃墟で仲間と出会い、モンスターと化した巨大な機械獣に襲われながらも、さらわれた仲間を救うために勇気を奮い立たせる。


 アッカー監督の頭の中に最初に浮かんだのは人形のキャラクターだった。「人類が滅びた後の世界に生きる彼らは、マシンと人間の要素を併せ持つ生命体の進化型。人間特有のクリエイティビティを受け継ぎ、新しい文明を築こうとしているようにも見える、そんなキャラクターさ」。


見た目はボロ人形だが、数字が名前代わりのキャラクターは、“1”がグループのリーダー、“2”はお人好しの老いた発明家、“3”と“4”は好奇心旺盛な双子、“5”は小心者のエンジニア、“6”は風変わりな芸術家、“7”は自立心旺盛で勇敢な女戦士、“8”は腕力自慢の用心棒、そして主人公の“9”は直感でグループを突き動かす革命家だ。


 そんな彼らの前に巨大な機械獣が現れる。人類はなぜ滅びたのか? 9体の人形は何のために作られたのか? 人形たちと機械獣の戦い中で、次第に明らかになっていく謎。ダークでファンタジックな世界観の中で浮き彫りにされるもの。「機械獣が欲しいのは9体の奇妙な人形たちが持っている“人間らしさ”なんだ」とアッカー監督は言う。


◆『9<ナイン>』は日本のアニメ作品へのオマージュ


[拡大写真]

映画のワンシーン

 いまや日本のアニメーションは世界中に広がり、海外にも多くのファンがいるのはよく知られているが、アッカー監督もご多分に漏れず、日本のアニメーションの洗礼を受けている。


 宮崎駿、大友克洋、浦沢直樹…、アッカー監督は次々と名前を挙げ、「オリジナリティあふれる世界観やドラマ性のあるストーリーに長けた日本の漫画やアニメから、たくさんのインスピレーションを受けて、今の僕がいる。『9<ナイン>』は日本のアニメーションへのオマージュでもある」と話す。


 だからこそ、日本での公開を控え、アッカー監督の心境は複雑だ。「日本で劇場公開されるのは、すごく光栄に思う。日本の方々がこの作品を受け入れてくれるか、どんな反応を示すか、息を飲んで待っているそんな気持ちですね。とても謙虚な気持ちにさせられます」。


 「どこかリアリティがあって、視覚的にも感情的も観客に響くキャラクターが登場するファンタジー映画を作っていきたい」と、今後の抱負を語るアッカー監督の表情は明るく、長編作品を完成させた自信と希望にあふれていた。


 映画『9<ナイン>9番目の奇妙な人形』は5月8日(土)より全国公開。東京・新宿ピカデリーでは『9』にちなんで、5月9日(日)のみ全ての上映会で本編上映前にティム・バートン監督が衝撃を受けた短編を上映する。


『9<ナイン>9番目の奇妙な人形』

(C)2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED.


 目覚めると、世界は終わっていた。
 古びた研究室の片隅で、麻布を縫い合わせて作られた奇妙な人形が目を覚ました。腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9”が描かれている。自分は誰なのか、ここはどこなのか、彼にはわからない。恐る恐る外を見ると、見渡す限りの廃墟が広がっていた。
 人類はなぜ滅びたのか。 彼は何のために作られたのか。戦いの中で次第に明らかになっていく謎。未だ見ぬ黙示録が今、幕を開ける―。

原案・監督:シェーン・アッカー
脚本:パメラ・ペトラー
製作:ジム・レムリー、ティム・バートン、ティムール・ベクマンベトフ
キャスト(声):イライジャ・ウッド ジョン・C・ライリー ジェニファー・コネリー クリストファー・プラマー クリスピン・グローヴァー マーティン・ランドー フレッド・ターターショー
提供/配給:ギャガ powered by ヒューマックスシネマ
公式サイト予告編




 

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • シェーン・アッカー監督(C)ORICON DD inc. 
  • 『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』5月8日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国公開(C)2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 
  • 『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』5月8日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国公開(C)2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 
  • 『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』5月8日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国公開(C)2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 
  • 『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』5月8日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国公開(C)2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 
  • 『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』5月8日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国公開(C)2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 

オリコントピックス