城南海、全米ニュース番組の初テーマソングに起用

■その他の写真ニュースはこちら

 奄美出身の歌手・城南海(きずきみなみ)の未発表曲「夢の地図」が、米全土で放送されている在米日本人向けの朝のニュース番組『FCIモーニングEYE』で、4月5日より番組初のテーマソングとして起用されていることが分かった。同曲は1年間放送される。城は、27日付の自身のブログで「アメリカに住んでいる日本人のみなさんと離れて暮らしている、お友達やご家族のみなさんとの心を繋いでいけるような曲になったら嬉しいです☆」と期待を膨らませている。

 「夢の地図」は、城がデビューを果たした2009年の1年前からライブで歌っている曲で、CDは未発売。4月5日の番組放送開始以降、視聴者からの問い合わせが相次ぎ、26日より米、カナダ、メキシコの主要配信サイトにて、楽曲配信が決定した(日本での配信サイトでの購入は不可)。なお、番組サイトでは、「夢の地図」のレコーディング風景や本人コメントなどが見ることができる。

 城は、4月14日に通算5枚目シングル「童神 〜私の宝物〜」をリリース。タイトル曲は、NHKドラマ『八日目の蝉』主題歌としてオンエア中。

▽『FCIモーニングEYE』サイト
http://fujisankei.com/video_3.asp?codevide=2077



 城南海

関連写真

  • 城南海(きずきみなみ) 
  • 新曲「童神 〜私の宝物〜」 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索