ドラマ&映画 カテゴリ

福山龍馬・真木お龍“夫妻”が仲良く2ショット 福山は入浴シーンに期待抱く

■その他の写真ニュースはこちら

 第2部に入ったNHK大河ドラマ『龍馬伝』の収録が15日、東京・渋谷のNHKであり、主人公・坂本龍馬役の福山雅治とその妻となる樽崎龍役の真木よう子が顔を合わせた。私生活では“独身”の福山は「芝居の上とはいえ、嬉しいですよ。新婚旅行もできますし楽しみにしています」と笑顔。ハネムーンでは2人の入浴シーンが描かれる可能性もあるといい、福山は「希望するに決まってるじゃないですか! もう何度も脱いでますから、率先して入ろうと思ってます」とニヤリ、早くも真木にゾッコンの様子だった。

 この日はお龍の家で龍馬がお龍の妹たちに月琴を弾いて聞かせるシーンや、龍馬がお龍に亡き母の話をするシーンなどを収録。13日にクランクインしたばかりで同日に扮装姿を初披露した真木は「このお話をもらった1年くらい前からずっと緊張し続けてきたんですけど、皆さんの情熱やすごいやる気が伝わってきて撮影がすごく楽しいです」と現場を楽しんでいると話した。

 過去に1度、CMで共演していたという2人だが、福山は「そのときからかわいらしくて素敵だなと思っていた。またお仕事する機会があれば、恋でも始まるのかと思っていたら、いつの間にか結婚されていて……」としょんぼり。それを苦笑いで見ていた真木は、撮影に入る際の福山の印象を「坂本龍馬の成長を見事に演じきっている。この方と対面してお芝居するのかと思うと、震え上がりそうな気持ちでした」と役者としてのオーラに圧倒されたようだった。

 劇中での結婚を経て、実生活での結婚を問われた福山は「大河に入ると撮影中とか終わってから結婚する人がよくいるって話も聞きますよね。どうでしょう……?」とかわし、広末涼子貫地谷しほり蒼井優、真木ら第1部から第4部まで通して登場する数々のヒロインのなかで、一番タイプの女性を聞かれると「もちろん全員です!」と即答して、場の笑いを誘っていた。

 お龍は、当時、入浴中ながら寺田屋で襲われた龍馬を助けるなど、日本中を駆け抜けた風雲児を陰ながら支え続けた女性。真木は撮影前にお龍が眠る信楽寺(神奈川県横須賀市)を訪れ、彼女の命日(1月15日)に墓参りした。その際、龍馬の眠る京都霊山護国神社より、霊璽(じ)という神具で龍馬の御霊が初めて同寺に運ばれ、約143年ぶりにお龍と龍馬が“再会”していた。

 お龍の初登場は5月30日放送の第22回。風雲児・龍馬の生涯を幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作『龍馬伝』は、毎週日曜午後8時より放送中。

◆関連ニュース NHKドラマ


 福山雅治

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • NHK大河ドラマ『龍馬伝』の取材会に出席した福山雅治(左)と真木よう子 
  • NHK大河ドラマ『龍馬伝』の取材会に出席した福山雅治(左)と真木よう子 
  • NHK大河ドラマ『龍馬伝』の取材会に出席した福山雅治 
  • NHK大河ドラマ『龍馬伝』の取材会に出席した真木よう子 
  • 福山雅治(左)と真木よう子が出席したNHK大河ドラマ『龍馬伝』の取材会の模様 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索