アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • TOSHI、負債は1億以上…今後はX JAPANに注力「今は清々しい気持ち」と会見

TOSHI、負債は1億以上…今後はX JAPANに注力「今は清々しい気持ち」と会見

■その他の写真ニュースはこちら

 WANKU(わんくぅ)名義で歌手活動中の香夫人との離婚調停を申し立て、さらに破産宣告を受けたことを明らかにしたロックバンド・X JAPANのボーカル・TOSHI(44)が18日、都内で弁護士同席のもと記者会見を開いた。香夫人とは「仲いい夫婦を演じてきた」とし、負債額を担当弁護士は「彼の財産では払うことができない債務を背負ってる。億は超えてます」と言うに留めた。さらに「今は清々しい気持ちでやれるんじゃないかっていう手応えがある。ソロの方はサヨナラコンサートをYOSHIKIプロデュースでやる。近々発表できると思います」と再出発への意気込みを語った。

 TOSHIは会見の前日にmixiの日記で、1998年から12年間、X JAPANからの収入をはじめコンサートのギャラや給与などが自己啓発セミナー団体『ホームオブハート』に全て渡り、自身は友人や知人からの援助で生活していたと告白。代表を務める事務所『トシオフィス』も『ホームオブハート』の経営の中にあるため、何の権利も与えられず、次第に税金や多額の借金を抱えるようになり、自己破産を申し立て、破産宣告を受けたことを明かしていた。

 香夫人とは10年前から別居状態で実質的に夫婦関係が破綻しているとし、『ホームオブハート』主催者のMASAYA氏と香夫人が栃木・那須に住んでいると明かした。MASAYA氏と香夫人が「不倫関係かどうかは僕の口からは申し上げられないです」と控えたが「伝えたいのは、(被害者に)お金を返してくださいということ。その人たちにとっては、一生懸命働いて稼いだ大切なお金なんです」と訴えた。

 TOSHIは昨年10月末に自身のブログで長年の誹謗中傷のストレスによりひどく体調を崩し、極度な肋間神経痛、声が出なくなるという状態になったとして長期休養を発表。結果として今回の問題が原因であったことが浮き彫りとなった。「今まで44年間生きてきた中で、この2ヶ月半の間が一生分以上に大きな時間でした。この間じっくり考え抜き、本当に大切なものがなんなのかを知り、ここで人生の再出発をしようと決意しました」と心境を吐露している。

 今年に入ってからはX JAPANとして、米・ロサンゼルスで総制作費5億円をかけたミュージックビデオの撮影に参加するなど、精力的に活動を再開。YOSHIKIからは「自分が力になる。お互い頑張ろう」と言われたといい、「持つべき友は幼馴染だなと思いました」と痛感。今後、MASAYA氏がプロデュースしていたバンド・TOSHI with T-EARTHは自然消滅し、X JAPANに注力していく。

◆関連ニュース 離婚・破局引退・復帰


 X(X JAPAN)TOSHITOSHI with T-EARTH



オリコントピックス