• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 地獄大使と死神博士が2大政党を揶揄「どっちでも幸せになれない」

地獄大使と死神博士が2大政党を揶揄「どっちでも幸せになれない」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 平成仮面ライダー10周年記念映画『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』の完成披露イベントが28日、都内で行われ、ショッカー大幹部の地獄大使(大杉漣)、死神博士(石橋蓮司)らが出席。“大ショッカー党”結党を宣言した地獄大使は、公約を守れなかった際の責任を「取るわけない。(政界の)人間も取ってる人がいない」と政界を揶揄。死神博士も「どっちが天下を取っても幸せになれないのはわかってる」と、約1ヶ月後に控えた衆院選挙に向けて日本の2大政党を一蹴した。

 仮面ライダー1号を筆頭に昭和・平成ライダーが集結し、全ての組織が融合した大ショッカーなどとの戦いを繰り広げる同作。イベントでは大ショッカー軍団を引き連れた地獄大使が選挙カー上で「我々は日本を征服するためにここへ来た。まさに今この瞬間、“大ショッカー党”をここに宣言する」と力強く演説。「腐った日本を叩き壊し、日本を再生する」「幸せが戻った日本を、改めて征服する」「仮面ライダーをお茶汲み奴隷にする」をマニフェストに掲げ、死神博士も「地獄大使に1票を入れろ。そうすればお前たちはもっともっと楽しく生きられる」と後押しした。

 結党イベント後、報道陣のインタビューに応じた地獄大使は「あれごときの演説でのどを枯らしてしまいました」と一瞬、素に戻って反省の弁。死神博士が2大政党について「マニフェストを掲げても実行しない」と糾弾すると、最後は役柄に戻って「我々はこれくらいのことは簡単に実行する」と“大ショッカー党”のマニフェストを指差し、笑いを誘っていた。

 『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』は、『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』と同時上映で8月8日(土)より全国で公開。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 劇場版『仮面ライダーディケイド オールライダー大ショッカー』完成披露イベントに出席した、(左から)大杉漣(地獄大使役)と石橋蓮司(死神博士役) (C)ORICON DD inc. 
  • ショッカーを追い払う仮面ライダーたち (C)ORICON DD inc. 
  • 応援演説を行う、死神博士役の石橋蓮司 (C)ORICON DD inc. 
  • 党首演説を行う、地獄大使役の大杉漣 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス