• ホーム
  • 芸能
  • “夏恋ソング”ランキング、1位はaikoの「花火」

“夏恋ソング”ランキング、1位はaikoの「花火」

■ランキング表はこちら

 海水浴や花火大会、夏祭りなど、夏はイベントが盛りだくさん。様々な出会いを通して、知り合った異性と恋が芽生える人も少なくないでしょう。オリコンでは10・20代の男女を対象に『夏に恋をしたら聴きたくなる曲』についてアンケート調査を実施。その結果、恋する気持ちを秘める乙女の切なさに胸がキュンとなるaikoの【花火】が1位に選ばれた。

 「夏歌の代表」(滋賀県/10代/女性)としても定評のある【花火】。4分半ほどの曲に「女の子の恋する気持ちがギュッと凝縮されている」(京都府/10代/女性)という意見が見られたほか、男性からも「歌詞に切なさを感じ、自分もさらに恋したい気持ちになります」(愛知県/20代/男性)と人気を集めていた。

 2位は「学生時代のような甘酸っぱい感じが、切なくていい!」(長野県/20代/女性)という意見が目立ったWhiteberryの【夏祭り】。恋に胸を焦がす相手と夏祭りに出掛けた時の様子があまりにもリアルに描かれており、「(友達と出掛けた)夏の地元のお祭りを思い出す!」(神奈川県/10代/女性)その情景を頭に思い浮かべた人は少なくないようだ。

 続く3、4位には、サザンオールスターズの名曲がランクイン。彼らの数ある名作のなかでも「夏の恋の定番」(千葉県/20代/男性)とされたのは3位の【TSUNAMI】。4位は、「夏をテーマにした最強のバラード」(埼玉県/20代/男性)との呼び声が高い【真夏の果実】で、1990年に発売された楽曲でありながらそのメロディは色褪せることなく、今なお“夏の恋”を盛り上げる。

【調査概要】
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代の男女、各200人、合計800人
調査時期:2009年6月16日〜6月19日
調査方法:インターネット調査


■浴衣特集『夏が恋する…“浴衣”美男美女ランキング』


■浴衣特集『夏が恋する…“浴衣”美男美女ランキング』

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。



 Whiteberryポルノグラフィティ



オリコントピックス