アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • お笑いコンビ・はんにゃが“月9”ドラマで初レギュラー出演&本格俳優デビュー

お笑いコンビ・はんにゃが“月9”ドラマで初レギュラー出演&本格俳優デビュー

■その他の写真ニュースはこちら

 人気お笑いコンビ・はんにゃが、俳優・山下智久主演の新“月9”ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(7月スタート フジ系)にレギュラー出演することが8日、同局より発表された。連続ドラマ初出演で、本格的な俳優デビューとなるはんにゃ。ボケ担当の金田哲も「僕らみたいなもんが、まさかの月9出演。楽しく厳しく一生懸命頑張ります!!!」と気合十分だ。

 同作は、実業団バスケットボール部に所属する、気弱だが真っ直ぐな男(山下)と、気が強く明るく前向きだが素直になれない女(北川景子)が、恋と友情に悩みながらも成長していく姿を描いた青春ラブストーリー。はんにゃの2人が演じるのは、主演の山下や溝端淳平、永井大が所属し、伊藤英明がコーチを務めるプロバスケットボールチーム・JCアークスのチームメイト。金田は、チームのマネージャー・春日部良夫役、相方・川島章良はトレーナーの松山亮介役をそれぞれ演じる。普段、金田の存在感に押され、陰が薄い印象がある川島だが、「初ドラマであの月9に出演できることになってありがたいです。“じゃない方”と呼ばれているので、頑張って存在感をドラマでは出せるように頑張りたいです」とライバル心を燃やしている。

 今回2人の起用について、同作のプロデューサ−・中野利幸氏は「最も旬な役者が揃った青春ラブストーリーなので、今、旬な「はんにゃ」さんとの化学反応を期待してキャスティングしました」と、その理由を明かす。さらに「今回は主演の山下さんが、ちょっと“ヘタレ”なキャラクターなので、逆に「はんにゃ」さんにはバラエティでは観ることの出来ない格好良い面が引き出せれば良いなと思います」と、彼らの新たな一面を引き出すつもりだという。

 はんにゃは、ボケ担当の金田哲と、ツッコミ担当の川島章良が2005年にコンビを結成。『爆笑レッドカーペット』(フジ系)、『爆笑レッドシアター』(共にフジ系)、『エンタの神様』(日テレ系)など、バラエティ番組に出演し、人気が爆発。特に金田による架空のゲーム「ズクダンズンブングンゲーム」が子供たちの間で大流行。今もっとも売れている若手お笑いコンビだ。





タグ

オリコントピックス