• ホーム
  • 映画
  • 佐々木蔵之介、撮影現場では「いつでもギラギラしてます!」

佐々木蔵之介、撮影現場では「いつでもギラギラしてます!」

■その他の写真はこちら

  俳優・佐々木蔵之介が6日(月)、都内で自身が主演するTBS系新ドラマ『ハンチョウ 〜神南署安積班〜』の制作発表会見に出席し、収録現場でのエピソードを披露した。関西出身ならではの明るい“下ネタトーク”を展開しているという佐々木は、同郷出身の共演者である塚地武雅黒谷友香賀集利樹らを巻き込んで「朝、昼、夜いつでもギラギラしてます!」と目を輝かせていた。

 同ドラマは佐々木演じる東京・原宿の警察署の警部補を中心とした個性派刑事たちの姿を、チームワークという視点から描いたもの。撮影時以外でも周囲をぐいぐい引っ張り「理想の上司」と他のキャスト陣から絶賛され、テレ笑いした佐々木は「今回は、大きな爆破や特殊能力もない分、等身大の姿で演じたい。そして、キャストの個性を100%引き出せるよう務めていきますよ」と力強くあいさつ。また、同じ関西出身の共演者も多く「誰かが誰かに突っ込んでいる状態。アホなことばっかり言っている」とチームワークのよさをアピールした。

 そんな中、佐々木は「(黒谷には)もっとアホなことをやらせようと思っている」と報道陣に予告。そして「僕は朝、昼、夜いつでもギラギラしている」と目を光らせながら語った。また、現場で出演者たちは「手錠かける? 連射できる? って話してますよ」と、オブラートに包みながらも、下ネタ系の話題で盛り上がっていることを明かす場面も。その後、襟を正して従来の刑事モノドラマとは一線を画した「刑事らしくない刑事をやりたい」と意気込みを語った佐々木だったが、追い討ちをかけるように投げかけられた報道陣からの「(劇中で)手錠は使うか?」との問いには「使うときは使う。逮捕しちゃうぞ!」と意味深なコメントを残し、最後までノリノリだった。

 同会見にはそのほか中村俊介細川茂樹安めぐみ奥貫薫らも出席した。ドラマ『ハンチョウ 〜神南署安積班〜』は13日(月) 後8:00より放送開始。





オリコントピックス