つるの剛士ソロデビュー作の映像初公開、里田まいと共演!!

■その他の写真はこちら

 人気ユニット・羞恥心で一躍時の人になったつるの剛士のソロプロジェクトがいよいよ始動。デビューアルバム『つるのうた』(4月22日発売)に収録される「M」のPVが、1日(水)のCX系情報番組『めざましテレビ』で初公開された。同じ“おバカキャラ”で人気の里田まいも出演したPVの収録現場では「気持ちよく歌わせていただきました」と語るつるの。『オールスター芸能人歌がうまい王座決定戦』でグランプリチャンピオンを獲得したプリンセスプリンセスの名曲を見事に歌い上げている。

 このPVのつるのが出演し熱唱するシーンは、3月中旬に東京・近郊のホールを貸しきって撮影された。通常のPV撮影では、音を流して口だけを合わせるケースも多いが、つるのは毎回、1曲を通して全力で歌い上げる。「いままでパンクバンドでシャウトしていただけなので、こういう場所でも歌う練習をしないと」と笑顔をみせ、撮影と歌唱を自ら楽しんでいる様子。

 収録の合間には、モニターチェックをいっさいせず、ドラム、ベース、ピアノとそれぞれの楽器を演奏。自宅に楽器部屋を持つ、つるのは、その腕前をさりげなく披露。多才な一面をのぞかせた。また、セットチェンジの合間もステージに残ってスタッフと談笑。なぜかデタラメな韓国語で日本のアニメソングをピアノで弾き語りし、現場を和ませた。

 プリプリの名曲「M」をカバーするつるのの歌声からは、失恋の痛みやせつなさが伝わってくる。それを伝えると「ぼくは失恋大魔王なので(笑)、そのへんはすごく慣れているんですよ」とおどけながら、「若い子にとっては今までに聴いたことのない新鮮なオリジナルソングになっています」と作品について熱く語る。

 つるのは、羞恥心としてCDデビューを飾るやいなやリリースしたシングル3作がすべてランキングTOP3入りの大ヒット。その一方、CX系『オールスター芸能人歌がうまい王座決定戦』では2回の優勝を飾り、シンガーとして脚光を浴びていた。『つるのうた』は、そんなつるのの待望のデビュー・カバーアルバムだ。

つるの剛士のPV収録現場の様子
里田まい、公式ブログ 

オリコントピックス

メニューを閉じる

  • oricon news

  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha
  • デビュー
  • 音楽ダウンロードのオリコンミュージックストア

 を検索