• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 救急搬送されたWink鈴木早智子、原因は「貧血」と報道に困惑

救急搬送されたWink鈴木早智子、原因は「貧血」と報道に困惑

■Winkのシングル売上TOP10 ランキング表

 今月29日に薬の服用などにより自宅で体調を崩し救急搬送されていたと報じられた現在活動休止中の女性デュオ・Winkのメンバーでタレントの鈴木早智子が31日(火)、所属事務所を通じて直筆の署名によるFAXでコメントを発表した。

 鈴木は「この度は、私のことで皆様に大変ご心配をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません」と冒頭で謝罪。「今回の報道で、私自身も大変驚いております」と困惑している様子で、「仕事の過労も手伝い、眠れそうもなかったので、前の晩に医師からの処方箋(睡眠導入剤)を服用しておりました。翌朝午前9時頃のことですが、友人との電話中に、突然私の会話が途切れたことに友人が驚いてしまい、119番通報致しました」と救急車が到着するまでの経緯を説明した。

 さらに「その際には、私は貧血を起こしていました。救急隊が到着した際には、私自身で対応できるような状態に戻っておりましたが念の為、病院に一緒に行くことになり、検査を行う為、その日は入院を致しました。検査の結果は単なる『貧血』であり、その翌日、元気に退院を致しました」と、現在は通常どおり仕事をこなしているという。

 またFAXとほぼ同タイミングで自身の公式ブログも更新し「報道をみて、私自身もビックリしてまして、報道が先に1人歩きしてしまった状況でした。元気に今日もお仕事してますので安心してください」と報告。安否を気遣う事務所やファンに対し「本当にごめんなさいでした♪」と優しく綴っている。

 鈴木は、1988年に相田翔子とWinkとしてデビュー。「淋しい熱帯魚」などのヒット曲を発表した後、1996年に活動を休止。昨年12月30日に『第50回日本レコード大賞』(TBS系)でWinkが一夜限定で復活し話題を呼んだ。現在はタレントとしてドラマやバラエティ番組等に出演している。


 Wink

Winkのシングル売上 TOP10


順位タイトル推定初動
売上枚数
発売日
愛が止まらない64.5万枚1988/11/16
淋しい熱帯魚56.4万枚1989/07/05
涙をみせないで52.3万枚1989/03/16
One Night In Heaven42.3万枚1989/11/01
咲き誇れ愛しさよ33.7万枚1993/09/08
Sexy Music32.9万枚1990/03/28
夜にはぐれて29.1万枚1990/07/04
ニュー・ムーンに逢いましょう24.9万枚1990/11/21
真夏のトレモロ22.5万枚1991/06/19
背徳のシナリオ19.6万枚1991/10/16
(2009/4/6付現在)

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコントピックス

 を検索