• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

近藤真彦が名子役との共演で父性を実感

■その他の写真ニュースはこちら

 近藤真彦が主演するフジテレビ系『内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ』の第3弾『十三の墓標』が、5日に金曜プレステージで放送(後7・57)される。今回の見どころの一つは、近藤演じるクールな岡部警部と、ことし1月期に放送された『薔薇のない花屋』(フジテレビ系)で名演を見せた子役、八木優希との息の合った演技だ。

 昨年、自身に長男が生まれたことが演技に大きく影響しているようで、近藤は「演技指導はないのに、素手で涙をふいてあげたり、抱き締めた時にトントンって背中や肩をたたいたりっていうのは、子どもがいなかったら自然とできなかったかもしれないですね」と話す。「過去の2作とは違う優しさを持った岡部の新しい一面を見ていただけると思います」とアピールしていた。

今月の写真ニュース一覧をみる
タグ

オリコントピックス