ドラマ&映画 カテゴリ

実写版『ヤッターマン』がベールを脱ぐ! 深キョンの大胆衣装は「かなりきわどい」

■最新写真ニュースはこちら

 人気グループ・櫻井翔、俳優の深田恭子生瀬勝久福田沙紀、お笑いタレントのケンドーコバヤシ、監督を務める三池崇史が27日(水)、都内で行われた映画『ヤッターマン』の制作発表会見に出席。秘密裏に撮影が進んでいるビッグプロジェクトである同作だが、今回の会見では全長5メートルの実物大巨大メカの登場が発表され、さらにドロンジョを演じる深田の衣装が限りなく“本物”に忠実なセクシー仕様であることも判明。深田も「かなりきわどいです」と笑顔でアピールしてみせた。

 正義のヒーロー・ヤッターマン1号を演じる櫻井は「凄い作品になります。人間味があり、ちょっと抜けてて、体温を感じられるヒーローなので演じていて凄く楽しい。この作品を海外に持っていきたい」と興奮気味に意気込みを語った。

 また、ヤッターマンの宿敵でセクシーな女泥棒・ドロンジョを演じる深田は、髪を金髪に染め上げ黒のセクシードレスという“ドロンジョ仕様”で登壇。セクシー衣装について話題を振られると「最初は凄く恥ずかしかったんですけど、だんだん着心地が良くなってきました。今は着ると心が引き締まります。かなりきわどいですよ!」と笑顔を振りまき会場を沸かせた。

 撮影は2週間ほど前にクランクインしたが、現場はスタッフ以外立ち入り禁止という厳戒態勢で、秘密裏に進められている今作。監督の三池は「物語的にはラブストーリーですね。人を愛する気持ちが戦いを起こす。そんなテーマをヤッターマンの世界観で作っています」と明かした。さらに「(実写版)ドラゴンボールの公開が重なると思うんですが、ふざけるな!って感じですね」と、同じ人気アニメ発の実写作品に対し、ライバル心をむき出しにしていた。

 映画『ヤッターマン』は2009年春に全国公開。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
嵐の着信メロディはこちら

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド『映画・DVDナビ』はこちら
■最新映画予告編はこちら

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索