ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

元宝塚トップスター貴城けい、退団後初舞台は「新鮮!」

■その他の写真はこちら

 元宝塚宙組トップスター貴城けいの退団後初主演となる舞台『愛、時をこえて 関ヶ原異聞』の制作記者会見が7月30日(月)に都内で行われ、貴城けい、市川段治郎、華城季帆、吉野圭吾、市川笑也らメインキャストが見所を語った。

【写真】その他の写真を見る


 今年2月に宝塚を退団し、今回の舞台で女優として新たなスタートをきる貴城は「宝塚を15年やってきたので、宝塚以外の舞台に出ることが新鮮。宝塚と歌舞伎とミュージカルの融合が楽しみです」と挨拶。ドラキュラと出雲お国の2役を演じることに「役を作り過ぎないように稽古に臨みたい。ドラキュラは妖魔なので、男でも女でもない感じで演じたい」と意気込んだ。

 また、石田三成を演じる歌舞伎役者の市川段治郎は「まさか(貴城と)同じ舞台に立てると思わなかった。今回の舞台は色気の部分がないのでガッカリ」と話し笑いを誘っていた。

 舞台『愛、時をこえて 関ヶ原異聞』は大阪で9月9日(日)・10日(月)に浪切ホール、名古屋は12日(水)・13日(木)に名中京大学文化市民会館(旧:名古屋市民会館)で、東京は19日(水)〜24日(月・休)にTHEATRE1010(シアターせんじゅ)にて公演される。

関連写真

  • 貴城けい 
  • 市川段治郎 
  • 華城季帆 
  • 吉野圭吾 
  • 市川笑也 
  • (左上から)華城季帆、市川笑也、吉野圭吾、加藤和彦(音楽担当)、市川段治郎、貴城けい、岡本さとる(作・演出) 
  • (左から)華城季帆、市川笑也、貴城けい、市川段治郎、吉野圭吾 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索