ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

『伝説の頭 翔』関水渚、スケバンアイドル役でヒロイン 一人二役の主演・高橋文哉のオタク姿も初公開

 俳優の関水渚(26)が、高橋文哉が主演する7月期テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭(ヘッド) 翔』(毎週金曜 後11:15〜深0:15 ※一部地域を除く)に出演することが決定した。関水は、ご当地アイドルのエースで本作のヒロイン・藤谷彩を演じる。

テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』に出演する(左から)関水渚、高橋文哉(C)テレビ朝日

テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』に出演する(左から)関水渚、高橋文哉(C)テレビ朝日

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 本作は、『クロサギ』や『正直不動産』などの原案で知られる夏原武氏の原作デビュー作として2003年〜2005年に『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載された同名漫画を初めて実写化。

 物語は、1000人を超えるヤンキーたちを従える不良チーム“グランドクロス”を束ねる伝説の頭・伊集院翔と、かたやクラスでもまったく存在感がなく、スクールカースト最下層の万年パシリ・山田達人という<最強と最弱>の二人が偶然に出会い、容姿がそっくりだったことからある日人生を交換することになるコメディー。伝説の頭・伊集院翔と万年パシリ・山田達人という一人二役を高橋が演じる。

 関水扮する藤谷彩は、達人が人生を賭けて推すアイドル「古くさい街角のスケ番ズ」(通称:街スケ)のメンバー。本作のオファーには「久々に10代の役を演じられることがありがたく、うれしかったです!」と喜び、高橋との初共演には「座長としてとてもしっかりされていますし、穏やかで接しやすい方」とコメントしている。

 彩は、ライブで「テメーら!全員ブッ潰してやんよぉ!」「触んじゃねー、このシャバ憎がぁ!!」といった挑発的なセリフも満載。そんなアイドルを演じるにあたっては「自分が10代だったころの気持ちを思い出して、思春期の繊細な気持ちを大切にしています。また、彩は“街スケ”のメンバーとして毎日、歌とダンスの練習をしていると思うので、彩と同じように私も毎日、歌とダンスの練習をしています」と役作りを明かしている。

 また、すでに解禁済の伊集院翔に続いて、高橋が演じ分ける山田達人のビジュアルも解禁された。オールバック気味に流した色気漂う金髪に短ランでビシッとキメた翔と相反して、推しの彩姐のうちわ・ペンライトなどのグッズに身を包み、力なくほほえむ“完全アイドルオタク”な出で立ちとなっている。

 アイドルオタクを演じるのは初となる高橋。「とにかく演じていて面白いですね。いじめられっ子で、その環境に屈してはいるのですが、翔とはまた違った真っすぐさを持っています。本編を観ていただいて、彼のいいところを感じ取ってほしいです」と語っている。

テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』に出演する関水渚(C)テレビ朝日

テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』に出演する関水渚(C)テレビ朝日

写真ページを見る

■関水渚(藤谷彩役)コメント全文
『伝説の頭(ヘッド) 翔』への出演が決まった際は、久々に10代の役を演じられることがありがたく、うれしかったです!ヤンキー漫画が原作ということで、令和の時代に視聴者の皆さまにどのように楽しんでもらえるのか、今から反応が楽しみです。
今回、私は達人の推しメンである“街スケ”のエース・彩を演じさせていただきますが、アイドルグループのエースとはいえ、彼女自身の心はまだ広い世界を知らない10代の女の子です。私の実年齢と10歳近く離れているので、自分が10代だったころの気持ちを思い出して、思春期の繊細な気持ちを大切にしています。また、彩は“街スケ”のメンバーとして毎日、歌とダンスの練習をしていると思うので、彩と同じように私も毎日、歌とダンスの練習をしています。初めてのアイドル役、しかもヤンキーというコンセプト付きで楽しいです!衣装も細部にこだわっていてかわいいので、ぜひ注目してほしいです。
高橋文哉さんは、座長としてとてもしっかりされていますし、穏やかで接しやすい方です。ですので、穏やかでとても楽しい現場になっています!
笑えるシーン、時にグッとくるようなシーンがあります。10代の方には共感していただけると思いますし、大人の皆さまには「こんな時あったなぁ」と懐かしみながら楽しんでいただけると思います。
みんなで頑張って良い作品を作っているので、観ていただけたらうれしいです!

関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』に出演する(左から)関水渚、高橋文哉(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』に出演する関水渚(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『伝説の頭 翔』で主演を務める高橋文哉(C)テレビ朝日
  • 『伝説の頭 翔』原作書影(C)夏原武・刃森尊/講談社

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索