ドラマ&映画 カテゴリ

井ノ原快彦が主演するテレビ朝日系ドラマ『特捜9 season7』(毎週水曜 後9:00)の第3話がきょう17日に放送される。今回は、特捜班の主任・浅輪直樹(井ノ原)の休暇中に事件が発生。若手刑事・新藤亮(山田裕貴)が、捜査支援分析センターの若き分析官・三ツ矢翔平(向井康二)と後輩刑事・高尾由真(深川麻衣)を率いて捜査し、“新藤班”が発足する。 新藤、三ツ矢、由真の若手3人が偶然、出先で殺人事件に遭遇するところから幕を開ける第3話。彼らが出くわしたのは、雑居ビル内にあるレンタルスペースで人気コミック誌編集長・門倉裕一(天野浩成)が刺殺された事件。折しも直樹は休暇で不在だったことから、新藤は「オレたち若手の成長を見せるいいチャンスだと思う」と意気込み、後輩の由真はもちろんのこと、所属が異なる三ツ矢まで巻き込み、大張り切りで初動捜査に乗りだす。 事件当日、現場のレンタルスペースでは、デジタルコミック誌に異動になった先輩社員・小松翔吾(小松和重)の送別会が行われる予定だったことが判明。まもなく、殺された門倉の携帯から「送別会の前に一人で会場に来てほしい」と小松を呼び出したメッセージが見つかり、新藤たちは異動を不服に思う小松の犯行を疑う。

この記事の画像

  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日
  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日
  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日
  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日
  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日
  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日
  • 『特捜9 season7』第3話より(C)テレビ朝日

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索