ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の長谷川博己が主演を務める、TBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜 後9:00)の第1話、14日に放送される。 日本の刑事裁判での有罪率は99.9%と言われている。主人公の弁護士は、残り0.1%に隠された「無罪の証拠」を探し依頼人を救う救世主のような人間ではない。たとえ、犯罪者である証拠が100%揃っていても無罪を勝ち取る、「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士。ヒーローとは言い難い、限りなくダークで危険な人物だ。本作は「弁護士ドラマ」という枠組みを超え、長谷川博己が演じるアンチヒーローを通して、視聴者に“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問いかけ、スピーディーな展開で次々に常識を覆す。正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。まさにバタフライエフェクトのような、前代未聞の逆転パラドックスエンターテインメントを届ける。 番組公式サイトには、第1話のあらすじとして「殺人犯へ、あなたを無罪にして差し上げます。正しいことが正義か― 間違ったことが悪か―」とだけ掲載されており、そのストーリーは、謎に包まれている。

この記事の画像

  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索