ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第15回「おごれる者たち」が、14日に放送される。 前回は、4年が過ぎ、道隆(井浦新)の娘・定子(高畑充希)が、元服してわずか20日後の一条天皇(柊木陽太)に入内する。道隆たち中関白家が絶頂期を迎え、兼家(段田安則)の後継争いが始まろうとしていた。一方、為時(岸谷五朗)は官職を得られず、貧しい暮らしが続くまひろ(吉高由里子)。ある日、さわ(野村麻純)と出かけた市で揉め事に巻き込まれる。文字が読めずに騙された親子を助けようとするまひろだったが… 今回は、道隆(井浦新)は、強引に定子(高畑充希)を中宮にし、詮子(吉田羊)を内裏の外へと追いやった。二年後、一条天皇(塩野瑛久)は麗しく成長。道隆の独裁には拍車がかかっていた。伊周(三浦翔平)らに身内びいきの人事を行い、定子のために公費を投じ始める。道長(柄本佑)は兄のやり方に納得がいかない。一方のまひろ(吉高由里子)は、さわ(野村麻純)と近江の石山寺へと出かける。そこで思いもよらない人物との出会いが…

この記事の画像

  • 大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK
  • 大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK
  • 大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK
  • 大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK
  • 大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索