ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の門脇麦が主演を務め、King & Princeの永瀬廉が共演する、日本テレビ系日曜ドラマ『厨房のありす』(毎週日曜 後10:30)の最終話が、24日に放送される。それに先立って、ドラマ制作の取材協力をした大阪にあるユニバーサルフレンチレストラン「ル・クロ」のオーナーシェフ・黒岩功氏とそこで働くキャストが、収録現場を訪れた。 ユニバーサルレストラン「ル・クロ」は、さまざまな個性がある人間を認め合える店作りを目指し、さまざまな障がいのあるスタッフ(キャスト)約50人が特性や個性を生かしながらプロのシェフやホールスタッフと一緒に働いている。「ユニバーサルレストラン」ということを知らずに来る客も多い、本格フレンチレストラン。 撮影現場を訪れたオーナーシェフ・黒岩氏と「ル・クロ」で働く8人は、八重森ありす(門脇)と酒江倖生(永瀬)のシーンを見学した。最初は、撮影現場の雰囲気に緊張気味で収録を見ていた。そこに、今まで演技をしていたありすと倖生が現れると、驚きながらも、ドラマの感想や料理の話を聞いていた。

この記事の画像

  • 『厨房のありす』収録現場をユニバーサルレストランのキャストが訪問(C)日本テレビ
  • 『厨房のありす』収録現場をユニバーサルレストランのキャストが訪問(C)日本テレビ
  • 『厨房のありす』収録現場をユニバーサルレストランのキャストが訪問(C)日本テレビ
  • 『厨房のありす』収録現場をユニバーサルレストランのキャストが訪問(C)日本テレビ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索