ドラマ&映画 カテゴリ

木村拓哉が主演を務め、2019年にTBS系日曜劇場で放送された『グランメゾン東京』の完全新作スペシャルドラマが、今冬に放送することが決定した。型破りなシェフ・尾花夏樹を木村が演じるほか、「グランメゾン東京」のシェフ・早見倫子役の鈴木京香、スーシェフ・平古祥平役の玉森裕太、相沢瓶人役の及川光博、そしてギャルソンを務める京野陸太郎役の沢村一樹ら豪華キャスト陣が再び集結。連続ドラマに引き続き脚本は黒岩勉、演出は塚原あゆ子が担当する。 木村が演じるのは、自分の腕と舌とセンスに絶対的な自信を持ち、料理のためならどんな犠牲もいとわない型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。料理に人生をかける尾花は、パリに自分の店を持ち二つ星を獲得するが、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ店も仲間もすべて失ってしまう。 どん底まで転落した尾花が、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも日本で三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描いた。放送時は大きな話題を呼び、最終回では尾花が世界に挑もうとしているシーンで締めくくられ、続編を望む声が多く寄せられていた。 今回のスペシャルドラマは「グランメゾン東京」が三つ星を獲得したあとのストーリー。オープンからわずか一年でミシュランガイドの三つ星を獲得。アジア人女性初の三つ星レストランのシェフとなった早見倫子だったが、その直後、世界各国で新型コロナウイルスが蔓延し飲食業界は大きな打撃を受けた。「グランメゾン東京」も例外ではなく、生き残りのため大手企業傘下のフードコンサルティング企業と資本提携を結び、通販用の冷凍食品やレシピサイトに活路を見出していた。しかし、倫子は店を維持することばかりを考えて料理への純粋な情熱を忘れてしまったようだった。見栄えだけの料理によって「グランメゾン東京」はミシュランの星を減らし、ついにすべての星を失ってしまった。 一方、パリに行ったはずの尾花夏樹は姿を消し、連絡が途絶えていた。倫子は「グランメゾン東京」を維持するために資本提携を決断したことに責任を感じていた。契約上受けざるを得ない、“シェフ”とは程遠い仕事をこなす中、倫子と栞奈(中村アン)はオープンして間もないにもかかわらず今年の世界トップレストランにノミネートされると噂になっていた、一日一組限定のフレンチレストラン「メイユール京都」を訪れる。コース料理を食べすすめていくと、倫子はその店に尾花がいることを確信し――。 音信不通だった尾花が日本に戻って来た目的とは!? すべての星を失ってしまった「グランメゾン東京」は、もう一度立ち上がることができるのか? さらにこのドラマを支えるもう一人の主役とも言えるのが「料理」。劇中のレストラン「グランメゾン東京」や「メイユール京都」の料理監修を務めるのは、前作に引き続き東京・品川のフレンチレストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフ。そして今回もミシュランガイドに全面協力いただくともに、連続ドラマと同様に服部栄養専門学校が撮影をサポートする。

この記事の画像

  • スペシャルドラマ化が決定した『グランメゾン東京』のキャスト陣(C)TBS
  • スペシャルドラマ化が決定した『グランメゾン東京』のキャスト陣(C)TBS
  • 2019年10月期の日曜劇場『グランメゾン東京』の場面カット(C)TBS
  • 2019年10月期の日曜劇場『グランメゾン東京』の場面カット(C)TBS
  • 2019年10月期の日曜劇場『グランメゾン東京』の場面カット(C)TBS
  • 2019年10月期の日曜劇場『グランメゾン東京』の場面カット(C)TBS
  • スペシャルドラマ『グランメゾン東京』の料理監修を務める岸田周三シェフ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索