ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

宮崎駿監督、公の場に出ない理由に「引退会見」 鈴木敏夫P「すごく反省している」

 スタジオジブリ宮崎駿監督(※崎=たつさき)の10年ぶりの新作映画となった『君たちはどう生きるか』が米ロサンゼルス現地時間10日夜、日本時間11日午前に開催された「第96回アカデミー賞」で長編アニメーション映画賞を受賞した。プロデューサーの鈴木敏夫氏が直後、都内で行われた会見を開いた。

鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.

鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 宮崎監督は、自身のアトリエで受賞の知らせを待っていたそう。受賞発表前に宮崎監督と会ったといい「『日本男児としてうれしい顔は見せちゃいけない』と言いつつ、笑みがこぼれていました。すっかり喜んでいました。みんなが喜んでいるし」とノミネートも喜んでいたと語った。

 受賞後の宮崎監督について、鈴木氏は「興奮していました。『気にしていない』と一生懸命自分の気持ちを押さえていましたが、結構ほしいんだなと。まだ緊張が続いていました。僕が『おめでとうございます』って伝えたら『お互いさまです』と」と会話の一部を明かした。

 報道陣から「正式なコメントはないのでしょうか?」という質問が出ると、鈴木氏は「『二度と作らない』って大記者会見をやったのをすごく反省している」と『風立ちぬ』後の引退会見に言及。「(今作の制作を)やりたがってるのはわかっていたのですが、知らん顔していた。すると『本当にみっともないけど、もう一本作りたい』と」と引退撤回を申し訳なさそうに申し出てきたことを明かした。

 続けて「『もう世間には出ません』というのは、本心だと思うんです。結果として説明してもうそになる愚行を繰り返したくないという気持ち。仕方がないからそれに関しては僕がやっている」と語り、この日も受賞の喜びやスタッフへの感謝の思いを語った。

 今作は、宮崎監督による10年ぶりの最新作。声優には、山時聡真や、菅田将暉、柴咲コウ、木村拓哉ら豪華キャストが結集した。公開前には映画の内容に関する情報がほとんど明かされず、宣伝なども行われず、異例の状況が話題となった。

 宮崎監督作品としては、2002年米公開の『千と千尋の神隠し』、05年米公開の『ハウルの動く城』、14年米公開の『風立ちぬ』に続く4度目のノミネート。日本作品で初受賞した『千と千尋の神隠し』以来、21年ぶり2度目の快挙となった。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 「第96回アカデミー賞」『君たちはどう生きるか』宮崎駿監督21年ぶり2度目快挙 鈴木敏夫Pが喜び「オスカー像は3個注文」
  2. 2. 宮崎駿監督『君たちはどう生きるか』21年ぶり2度目オスカー 鈴木敏夫P、宮崎監督は「緊張が続いていました」
  3. 3. 「別人みたい」話題の宮崎駿監督の“髭なし姿”は鈴木敏夫Pが推奨「立派そうに見えるので」
  4. 4. 「第96回アカデミー賞」受賞『君たちはどう生きるか』“宣伝なし”の意図明かす「最後ぐらい静かなかたちで」
  5. 5. 宮崎駿監督、公の場に出ない理由に「引退会見」 鈴木敏夫P「すごく反省している」

関連写真

  • 鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『君たちはどう生きるか』より(C)2023 Hayao Miyazaki/Studio Ghibli
  • 『君たちはどう生きるか』より(C)2023 Hayao Miyazaki/Studio Ghibli
  • 鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索