ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

『デッドプール&ウルヴァリン』24時間の映画予告視聴回数で1位に ディズニー配給・MCU入りで注目

 無責任ヒーロー“俺ちゃん”が記録を塗り替えた。現地時間2月11日(日本時間2月12日)にアメリカ最大のスポーツの祭典「スーパーボウル」で解禁された映画『デッドプール&ウルヴァリン』(7月26日、日米同時公開)の初予告映像が、24時間で視聴回数3億6500万回を突破し、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022年)が保持していた、“24時間以内に視聴された映画予告”の記録(3億5550万回)を超え、世界1位に躍り出た。

マーベル・スタジオ劇場公開最新作『デッドプール&ウルヴァリン』7月26日、日米同時公開(C)MARVEL 2024

マーベル・スタジオ劇場公開最新作『デッドプール&ウルヴァリン』7月26日、日米同時公開(C)MARVEL 2024

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 マーベルコミック史上最も破天荒なヒーロー、デッドプールの活躍を描いた1作目『デッドプール』(16年)が、公開当時世界興行収入850億円を超える大ヒットを記録。その続編となる『デッドプール2』(18年)ではさらに記録を塗り替え1120億円を突破。R指定映画の世界歴代記録をことごとく更新し、日本でも多くのファンを魅了した。

 シリーズ初のディズニー配給作品となり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)入りを果たすという点でも、注目を集めていた本作。同予告が公開されるやSNS上でも大きな反響があり、「最高すぎんだろ!これぞ見たかったマーベル作品!」「ついに俺ちゃんがMCU合流か…興奮してきたな」「激アツな映画なる事は間違いない!」とさまざまなコメントが投稿された。

 ディズニー入りしても下ネタ&過激なアクション全開な様子に、「ディズニーがR指定映画としてこれを許可してくれたのありがてぇ」「ディズニーが許した最後の遊び心」と喜びの声もあがっている。

 さらに、「もはやデッドプールのためにMCUがあったのかと思うほど強烈な予告」と歴代マーベル作品との関連性に期待する声も多く、「デッドプールの新作、歴代作品の世界を旅しようとしてるな??歴史介入して世界を変える話……アイアンマンの世界から行くのかな」「いよいよ本格的にあの世界線のヒーローがアベンジャーズに合流あるか…?」など、ファンの期待を刺激している。

マーベル・スタジオ劇場公開最新作『デッドプール&ウルヴァリン』7月26日、日米同時公開(C)MARVEL 2024

マーベル・スタジオ劇場公開最新作『デッドプール&ウルヴァリン』7月26日、日米同時公開(C)MARVEL 2024

写真ページを見る

 『デッドプール』は、人体実験で驚異的な治癒能力と不死の肉体を得たのと引き換えに、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)が、自作の赤いコスチュームと二振りの刀、二丁拳銃を身にまとい、“クソ無責任ヒーロー”デッドプールとして戦う道を選択する。

 シリーズ3作目の『デッドプール&ウルヴァリン』には、黄色のコスチュームに身を包んだ“爪野郎”こと孤高のヒーロー・ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が登場。これまでも、ヒーローらしからぬ言動の数々や、過激でド派手なバトルシーン、「第四の壁」を破って突然観客に向かって話しかけてくる型破りな演出で、世界中を魅了してきた“俺ちゃん”ことデッドプールが、ウルヴァリンと本格タッグを組みどんな大暴れを見せてくれるのか。続報が楽しみだ。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. R指定の無責任ヒーロー・デッドプールがウルヴァリンとともに“ディズニー”に降臨 7・26日米同時公開決定
  2. 2. 『デッドプール&ウルヴァリン』24時間の映画予告視聴回数で1位に ディズニー配給・MCU入りで注目
  3. 3. 「コカ・コーラ×マーベル:ザ・ヒーローズ」オリジナル描き下ろし限定デザイン発売
  4. 4. “まぜるな危険”R指定コンビの超大作『デッドプール&ウルヴァリン』マドンナの名曲が意味ありげな新予告映像

関連写真

  • マーベル・スタジオ劇場公開最新作『デッドプール&ウルヴァリン』7月26日、日米同時公開(C)MARVEL 2024
  • マーベル・スタジオ劇場公開最新作『デッドプール&ウルヴァリン』7月26日、日米同時公開(C)MARVEL 2024

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索