ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

未来(萩原利久)、妻(早見あかり)の死でタイムリープを決意 『めぐる未来』第1話あらすじ

 俳優の萩原利久が主演を務め、早見あかりが共演する読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマ『めぐる未来』(毎週木曜 後11:59)の第1話が、きょう18日に放送される。それに先立って、あらすじと場面写真が公開された。

『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 今作は、感情の起伏を引き金に“過去に戻る病”を抱える襷未来(萩原)が、謎の死を遂げた妻・めぐる(早見)を救うために過去に戻り、めぐるの死の真相に迫るタイムリープサスペンス。夫婦の未来をめぐり、希望と絶望を繰り返す。

 第1話では、デザイナー兼イラストレーターの未来と、出版社に勤めるめぐるが、2回目の結婚記念日を迎え、幸せな毎日を送る日常から物語がスタートする。平穏な日々を過ごしていた未来は、感情の起伏が激しくなると、過去に戻ってしまうという病をめぐるにも伝えられずにいた。

『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

写真ページを見る

 病を発症しないように自分を押し殺してきた未来だったが、ある日、めぐるが職場で謎の転落死を遂げる。第一発見者は、同僚の日南小夜(香音)。刑事の時任(勝村政信)は、自殺の可能性が高いと話す。

 しかし、めぐるの遺体を前に動悸が激しくなった未来は、めぐるを救うために過去に戻ることを決意。最愛の妻の死が引き金となり、未来は過去へタイムリープする。そして、めぐるの死の真相を確かめるため、死の原因となっためぐるの職場を訪れる。過去をやり直す中で、めぐるの知らなかった一面や人間関係が見えてくる。

『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

写真ページを見る

 果たして、編集部の中に、めぐるの死に関わった人物はいるのか。未来はめぐるの死を防ぐことはできるのか。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 未来(萩原利久)、妻(早見あかり)の死でタイムリープを決意 『めぐる未来』第1話あらすじ
  2. 2. 未来(萩原利久)、妻・めぐる(早見あかり)を殺した犯人に迫る 『めぐる未来』第2話あらすじ

関連写真

  • 『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ
  • 『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ
  • 『めぐる未来』第1話より(C)読売テレビ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索