ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

『エクソシスト 信じる者』佐倉綾音&鬼頭明里が泣き叫ぶ迫真の演技を披露 諏訪部順一ら日本語吹替版キャスト発表【コメントあり】

 全米と世界を恐怖のどん底に叩き落している新作映画『エクソシスト 信じる者』(12月1日公開)の日本語吹替版の上映が決定。人気アニメ作品などでも活躍している吹替声優陣が解禁となった。

映画『エクソシスト 信じる者』(12月1日公開)吹替キャスト(上段左から)諏訪部順一、佐倉綾音、鬼頭明里、竹村叔子(下段左から)三木眞一郎、仲野裕、仲村かおり、小林ゆう

映画『エクソシスト 信じる者』(12月1日公開)吹替キャスト(上段左から)諏訪部順一、佐倉綾音、鬼頭明里、竹村叔子(下段左から)三木眞一郎、仲野裕、仲村かおり、小林ゆう

写真ページを見る

 一人の少女とその母親が体験する戦慄の恐怖を圧倒的なリアリズムで描き、映画史にその名を刻んだホラー映画『エクソシスト』(1974年日本公開)から50年。悪魔にとりつかれた2人の少女が呼び覚ます新たな恐怖を描いた本作。

 主人公で、13年前に妻を亡くして以来、一人で娘のアンジェラを育てている父ヴィクター(演:レスリー・オドム・Jr)役に、セクシーな低音ボイスで人気を博す諏訪部順一

 ヴィクターの娘で悪魔に憑りつかれてしまう少女・アンジェラ(演:リディア・ジュエット)役に、佐倉綾音。アンジェラと共に悪魔に憑依される少女・キャサリン(演:オリヴィア・オニール)役に鬼頭明里が決定。

 また『エクソシスト』にも登場し、50年ぶりに悪魔と対峙することとなるクリス・マクニール(演:エレン・バースティン)役は、オリジナルのディレクターズ・カット版で同役を務めた竹村叔子が再び担当。

 少女たちに憑りつく悪魔役を小林ゆうが務めるほか、キャサリンの父トニー役を仲野裕、ヴィクターの隣人で看護師のアン役を仲村かおり、悪魔に憑りつかれた少女たちを救おうとするドン・レヴァンス牧師役を三木眞一郎が務める。

 日本語吹替版の本予告では、悪魔に憑りつかれ、豹変していく2人の少女を演じた佐倉と鬼頭が泣き叫ぶ迫真の演技や、悪魔を演じた小林との声のシンクロシーンなど、字幕版とは一味違った恐ろしさを堪能することができる。

■諏訪部順一(ヴィクター役)のコメント

 小学生の頃にハマり、今でもホラー&オカルト映画を好物とする自分としては、『エクソシスト』第一作の直系続編となる本作の存在は当然知っておりました。よもや関わることが出来るとは!興奮のあまり全力スパイダーウォークで階段下りしそうになりました。

 吹替を担当させていただくヴィクターは、悪魔に憑依された少女の父親。想像を絶する恐怖に立ち向かう彼の姿を、その内面の機微を含めしっかりと表現できるよう努めます!

■佐倉綾音(アンジェラ役)のコメント

 「…佐倉さん、ホラーはいけますか?」というマネージャーさんの言葉で全てを察しました。″エクソシスト″という名作シリーズの新作に参加できる有難さと共に、ホラーは苦手だけれど、ここがプロ根性の見せ所…という気合いを十分に引き受けさせていただきました。

 明るく朗らかだったアンジェラが、次第に自我を悪魔に受け渡してしまう過程のお芝居は塩梅の難易度が高そうだと感じています。とにかく本国の役者さんのお芝居が素晴らしいので、その足を引っ張らないよう頑張ります。

■鬼頭明里(キャサリン役)のコメント

 ホラー作品を普段から観ない私でも知っている有名な作品、エクソシストの最新作ということで興味深々でした! ホラー作品の吹き替えは初めてだったので自分に出来るかなと不安もあったのですが、普段から仲の良い相方の佐倉綾音さんと一緒にできるとのことで心強かったですし、楽しみでもありました。

 ホラーの雰囲気を壊さないよう、作品のどこか不気味な雰囲気に馴染むようにお芝居できたらと思います。作品を見ていただくみなさんに思う存分怖がっていただけるように精一杯頑張ります!

■竹村叔子(クリス役)のコメント

 お話をいただいて、とてもうれしかったです。ディレクターズ・カット版をやらせていただいた時、この映画は、人々の信じる心や愛する心を表した作品だと思いました。だから、再びこの作品に携われること、うれしく思います。

 クリス役のエレン・バーンスティンさん、凛としてて大好きな女優さんです。90歳で現役という事実にも感動し励まされます。娘リーガンへの変わらぬ愛情、そして、試練は乗り越えられるという希望を表現できたらと思っています。

■小林ゆう(悪魔役)のコメント

 お話をいただいた時は大変驚きました。『エクソシスト』という世界中を震撼させた歴史ある名作の続編に出演させていただけることになり心より感謝しております。『エクソシスト』誰もが一度はその名を耳にされたことがあるかと思いますが、その恐怖の根源になっている恐ろしい悪魔の役を演じさせていただけることになり、身が引き締まる思いでいっぱいです。

 台本を拝見させていただいた時、『エクソシスト 信じる者』の世界の中で悪魔という立場は大変重要な役回りになると思いました。悪魔によってさまざまな方々がとてもつらい思いをされてしまうので、その重みを強く感じております。そして精いっぱい演じさせていただかなければと身を引き締めた次第です。悪魔の存在がそれぞれの皆様の人生に大きな影響を与えてしまうので、役柄を深く追求していかなければと全力で考えております。是非、劇場でご覧になっていただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. ホラー映画の金字塔『エクソシスト』の新作、12・1公開決定 戦慄のメインテーマが流れる特報解禁
  2. 2. ホラー映画の金字塔『エクソシスト』50年の時を経て2人の少女と2つの家族を襲う恐怖体験
  3. 3. 『エクソシスト 信じる者』佐倉綾音&鬼頭明里が泣き叫ぶ迫真の演技を披露 諏訪部順一ら日本語吹替版キャスト発表【コメントあり】
  4. 4. 映画『エクソシスト 信じる者』監督が語る真実「憑依を描いた映画は人を虜にする」
  5. 5. 『エクソシスト』の母親クリス・マクニール、悪魔と50年ぶりの再会『エクソシスト 信じる者』本編映像
  6. 6. 佐倉綾音、『エクソシスト 信じる者』鬼頭明里とアフレコ中に怪奇現象「2人で嫌な気持ちになりました」
  7. 7. 東京・新宿に恐怖の館“リアル・ブラムハウス”がオープン 11・28〜12・3期間限定
  8. 8. ブラムハウス創設者“恐怖の工場長”ジェイソン・ブラム、初来日決定 来日ベントの参加者募集開始

▼ その他の流れをもっと見る

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索