ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の堺雅人が主演を務める、TBS系日曜劇場『VIVANT』(毎週日曜 後9:00)の最終回の世帯平均視聴率が19.6%、個人視聴率が12.9%だったことが、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 本作は、『半沢直樹』シリーズ、『下町ロケット』シリーズ、『陸王』『ドラゴン桜』などを手掛けた福澤克雄氏が演出だけでなく原作も手掛けた完全オリジナルストーリー。福澤監督と共に日曜劇場を作ってきた制作スタッフが集結し、主演の堺雅人のほか、阿部寛二階堂ふみ松坂桃李役所広司二宮和也ら豪華キャスト陣が出演する。 視聴率の推移は、第1話が11.5%、第2話が11.9%、第3話が13.8%、第4話が13.4%、第5話が14.2%、第6話が14.3%、第7話が14.1%、第8話が14.9%、第9話が14.9%。最終回は怒涛の伏線回収がされ、感動の結末を迎えた。

この記事の画像

  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS
  • 日曜劇場『VIVANT』の場面カット(C)TBS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索