ドラマ&映画 カテゴリ

俳優・桐谷健太が主演を務める、テレビ朝日系新ドラマ『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』(毎週木曜 後9:00)の第7話が、25日に放送される。豪太(桐谷)らが所属する強行犯係の係長にも抜てきされ、順風満帆かに見えた目黒元気(磯村勇斗)が、とんでもない災難に見舞われる。 同作は、2020年1月期に放送された『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の主人公・仲井戸豪太を桐谷が3年ぶりに演じる。走り出したら止まらない元体育教師の異色“情熱系”刑事・豪太を中心に、“刑事”と“検事”、そして唯我独尊の判事(裁判官)も新たに参戦し、サスペンスとユーモアで大人のビターな群像劇を軽快に描く。 第7話では、目黒が、敏腕弁護士・松平修二(神保悟志)から「被疑者の女性を誘惑して証言を強要した」ととがめられ、“検察側の証人”として出廷させられてしまう事態が発生。突然降りかかった自白強要疑惑に、豪太も「メグちゃんはそんなことしない!」と憤慨する。

この記事の画像

  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日
  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日
  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日
  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日
  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日
  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日
  • 25日放送『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第7話場面カット(C)テレビ朝日

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索