ドラマ&映画 カテゴリ

最新の全国映画動員ランキングトップ10(12月31日、1月1日、興行通信社調べ)は、井上雄彦原作・脚本・監督によるアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』が、土日2日間で動員27万6000人、興行収入3億6200万円をあげ、5週連続1位となった。1月3日までの公開32日間の累計成績は、動員461万人、興収67億円を突破している。 2位、3位も前週と順位は変わらず、『すずめの戸締まり』が土日2日間で動員19万9000人、興収2億4500万円、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が土日2日間で動員14万2000人、興収2億4500万円をあげて続いた。累計成績では、『すずめの戸締まり』が動員851万人、興収113億円、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が動員142万人、興収25億円を突破している。

この記事の画像

  • 『THE FIRST SLAM DUNK』(C) I.T.PLANNING,INC. (C) 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners
  • 『すずめの戸締まり』(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会
  • 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 「Dr.コトー診療所』(C)山田貴敏(C)2022映画 「Dr.コトー診療所」製作委員会
  • 『ラーゲリより愛を込めて』(C)2022映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 (C)1989清水香子
  • 『かがみの孤城』(C)2022「かがみの孤城」製作委員会
  • 『ONE PIECE FILM RED』TM & (C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索