ドラマ&映画 カテゴリ

最新の全国映画動員ランキングトップ10(11月19日・20日、興行通信社調べ)は、新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』が、土日2日間で動員82万9000人、興行収入11億4700万円をあげ、2週連続の1位を獲得した。累計成績は動員299万人、興収41億5400万円を超えている。 2位には前週と変わらず『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が続き、土日2日間で動員9万6000人、興収1億5400万円をあげた。累計成績は動員55万人、興収8億6900万円となっている。

この記事の画像

  • 『すずめの戸締まり』(公開中)(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会
  • 『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』(公開中) (C)MarvelStudios 2022
  • 『ある男』(公開中)(C)2022「ある男」製作委員会
  • 『ONE PIECE FILM RED』(公開中)TM & (C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
  • 『カラダ探し』(公開中)(C)「2022「カラダ探し」製作委員会
  • 『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』(公開中)TM & (C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
  • 『ザ・メニュー』(公開中) (C)2022 20th Century Studios. All rights reserved.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索