ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

【カムカムエヴリバディ】三浦透子“聖子ちゃんカット”に「エネルギーをもらっている」

 女優の川栄李奈が3代目ヒロインを担当する連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(月〜土 前8:00 総合/前7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。本作で朝ドラ初出演を果たした三浦透子のコメントが16日、到着した。

『カムカムエヴリバディ』で野田一恵を演じている三浦透子(C)NHK

『カムカムエヴリバディ』で野田一恵を演じている三浦透子(C)NHK

写真ページを見る

 本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。朝ドラ史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)・るい・ひなたが、母から娘へとバトンをつなぎ、戦前から戦後、そして令和までの物語を紡いでいく。安子役は上白石萌音、その娘・るい役を深津絵里、その娘・ひなた役を川栄が演じる。

 三浦が演じているのは、ひなたの同級生で、野田一子(市川実日子)の娘・野田一恵。少女漫画に夢中になり、髪は聖子ちゃんカットで時代の流行に敏感。家業を継ぐことを求められ、子どものころからお茶の稽古をしてきたが「親の思い通りには生きない!」と自分をつき通すたくましい女の子。ひなたがいつも頼りにする無二の友だ。

――本作に出演が決まったときの気持ちは?
初めてのことというのは、私にとってとてもワクワクすることなので、初の朝ドラということで、すごくうれしいなという気持ちでした。それに、私が初めて出演したドラマも藤本(有紀)さんの脚本だったので、初めての朝ドラも藤本さんの脚本で、こんなにありがたいご縁はないなと本当にうれしかったです。

――自身が演じる役柄の印象は?
自分の思ったことをちゃんと言葉にできて、芯のしっかりした子だなという印象があります。ひなたとも違う明るさを感じました。一恵は、ひなたに比べるとしっかりもので、思ったことも言うし、でも「しょうがないな、手伝ってやるか」みたいな、ちゃきちゃきしたかっこよさを持った人だと思いますね。
お母さんから茶道の道を継ぐように言われてそれに少しあらがっているようなんですが、一恵ちゃんは、きっと、茶道の道を完全に拒絶しているということではなくて、その道を行くにしても行かないにしても、自分で考えて自分で決めたいということなんだと思うんです。

――初めての朝ドラ撮影は?
これは朝ドラだからということではないかもしれませんが、物語の結末がわからないまま役を作っていくことはおもしろさのひとつなのかなと感じています。私は、これまで映画の仕事が多く、最初から結末がわかったうえで役に取り組むことばかり経験してきたので、朝ドラの撮影が最初は不安でした。
でも、物語のさまざまな景色を見てきた人たちと一緒に台本に向き合って話しながら育っていく感じが私にとってはすごく新鮮です。それは挑戦でもあるのですが、楽しいです。

――髪型やファッションについての印象は?
一恵は聖子ちゃんカットでファッションも流行に敏感な子なので、初めてちゃんと扮装してセットに入ったときに、スタッフのみなさんから「いっちゃんはすごく時代感を背負ってる感じがする」っておっしゃっていただいたんです。
ひなたも小夜子(新川優愛)も当時のファッションではあるものの、現在でも違和感のない服装や髪型なので、そういう意味で、私は一恵の服装や髪型からエネルギーをもらっている気がします。
でも、川栄さんとも「この時代の髪型をすると、10代を演じているのに年上を演じている気持ちになっちゃうんだよね」って話していたんです(笑)。どうしても、私たちからすると昔の髪型という印象なので。

――視聴者の方々へメッセージをお願いします。
一恵の母・一子は日本の伝統文化である茶道を通して和の心をちゃんと持っていながらも、現代の流行にもすごく敏感。すごく視野が広くて、いろいろなものに興味や関心を抱いているすてきなお母さんだったと思います。きっと、一恵もそうじゃないかなと思っています。
撮影現場は、一緒にいてすごく落ち着くなあという人たちばかりなので、その空気感も画面を通して伝わるんじゃないかと思っています。私もしっかり呼吸をしつつ、周りの人とコミュニケーションを大事に感じながら演じていけたらいいなと思っています。楽しんでもらえたらうれしいです。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索